Immersion、ニンテンドースイッチにHD振動の技術を提供

1月13日、タッチフィードバック技術の先駆者であるImmersion社は、同社の有するTouchSense技術を任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」に組み込むため複数年契約を結んだことを発表しました。契約では、任天堂へImmersionの特許をライセンスすることも含まれています。

注目の「HD振動」

ニンテンドースイッチのプレゼンテーションでは、手に持つコントローラー・ジョイコンの機能に「HD振動」として紹介。プレゼンテーションでは、グラスに氷が当たる、飲み物を注ぐといった際の振動も再現することができ、より臨場感のある体験ができると紹介されていました。

Immersion社は、ハプティクスとも呼ばれるタッチフィードバック技術に強みを持ち、モバイル、自動車、家電製品などに触覚インタラクションを提供するためのソリューションを開発しています。

今回の契約により、ニンテンドースイッチ向けに開発を行うゲーム開発者は、ImmersionのTouchSenseソフトウェアを使用できます。本ソフトウェアを用いることで、開発者が没入感のある触覚をもつゲーム操作をユーザーへ提供しやすくなります。

ゲームに触覚を加えることでより現実感のある体験を提供でき、ユーザーが長くプレイすることは、開発者の中で昔から知られていました。最近の研究では、ゲーム体験で触覚技術を利用すると、ゲームプレイ中の満足感と楽しさが増すことが示されています。

Immersion社のCEO、Vic Viegas氏は以下のように述べています。

「ImmersionのTouchSense技術を顧客に提供するため、任天堂と協力する機会があることに興奮しています。任天堂はSwitchでバー型のコントローラーを作り、先進的なタッチ感覚を加えることで、顧客にすばらしいゲーム体験を提供できます。」

VRコンテンツでも触覚は重要な要素とされており、ニンテンドースイッチに搭載されるHD振動がどこまで現実の触覚を再現できているのか注目です。

(参考)

Immersion and Nintendo Enter into Agreement to Bring Immersion’s TouchSense Technology to the ニンテンドースイッチ System – (英語)

http://ir.immersion.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=1007907

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • あつぽん

    日本でMRシステムの開発に携わった後アメリカへ渡り、VR/MRシステムを企業へ導入するための検討・開発に従事。現在は日本在住。

    人間の能力そのものを拡張させるテクノロジー「ヒューマンオーグメンテーション」のコンセプトに惹かれ、その界隈の動向に強い関心を持っています。その中で実用化フェーズにあるVR/MRの盛り上がりをより広い範囲へわかりやすく伝えていきたいと思っています。

    Twitter:@atupon

    Blog:http://nybiboroku.info/