HTC、一体型VRヘッドセットVive Focus発表 中国での普及狙う

HTCは11月14日、北京で開催された開発者会議にて、中国市場向けの新型のVRヘッドセット「Vive Focus」を発表しました。PCやスマートフォンを使わないケーブルレスのVRヘッドセットとなります。

HTCはVive Focusを、手軽で多くのコンテンツを体験でき、パフォーマンスの安定したモデルとして位置づけています。。スペックの詳細は不明ですが、Qualcommのモバイル向けプロセッサSnapdragon835を搭載しています。

動ける一体形VRヘッドセット

Vive Focusは、PC向けのVRで可能なポジション・トラッキングが可能です。ヘッドセット前面にある2対のカメラを通してインサイドアウト・トラッキングと呼ばれる方式でヘッドセットの位置を特定し、プレイヤーはVRの中で歩き回ることができます。

コンテンツに関して、Vive FocusはHTCが新たに立ち上げる「Vive Wave」というモバイルVR向けクロスプラットフォームに対応します。

Vive Wave向けのコンテンツを開発するには、専用のSDKでの開発が必要となります。これまでHTCが展開してきたPC向けのHTC Viveと異なり、AndroidベースのSDKとなります。Gear VRやDaydreamといったモバイルVRプラットフォーム向けのコンテンツも比較的用意に移植ができるとのこと。

すでに数百の開発者がVive Wave向けのコンテンツ開発を進めています。開発者向けのDev Kitの申込はViveの中国語サイトにて行われています。

価格やスペックなどの詳細は不明です。また中国以外での公式ウェブサイトは存在しておらず、日本を含むグローバルでの展開も不明です。

Mogura VRではこの後、Vive Focusの体験レポート及びVive Waveの詳細についてもお伝えしていきます。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HTCVive Focus

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii