HTC Viveが価格改定 2万円超値下げで税込84,110円に

HTCは、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)「VIVE」の価格改定を発表しました。この価格改定は2017年8月21日からとなります。日本国内での改定後価格は84,110円(税込)。改定前の107,784円(税込)から、2万円以上の値下げとなっています。


この価格改定は世界で実施され、北米では799ドルで販売されていましたが、今回の改定で599ドルに変更とのこと。また、今回の価格改定はコンシューマー向けのもの(Consumer Edition)のみが対象とされており、ビジネス向け(Business Edition)は160,000円(税込)で据え置きとなります。

https://www.youtube.com/watch?v=TckqNdrdbgk

値下げ後には、従来HTC VIVE購入者に提供されていた『Everest VR』『Richie’s Plank Experience』「Viveport 1ヶ月無料トライアル」に加え、国内のバラエティ番組やイベントにて「3Dお絵描きソフト」として多数の実績がある『Tilt Brush』の提供が再開されます。

(参考記事)
・VRお絵かきアプリ『Tilt Brush』とは?使い方・購入方法も紹介

HTC Viveを体験するには、VR対応した一定スペック以上のPCが必要です。日本では、HTC VIVEとVIVEが使用できるスペックのPCのセットに対し、台数限定での1万円割引キャンペーンを実施するとのこと。対象セット商品についてはVIVE正規取扱販売店で今後告知されます。

価格帯の下がるPC向けVRHMD

PC向けのハイエンドVRHMDの価格が下がりつつあります。HTC VIVEと同じくハイエンド向けのVRHMDである「Oculus Rift」は、2017年7月10日からサマーセールを開始し、ハンドコントローラーとのセットが従来76,600円のところを約50,000円にて販売しています。またセール終了後の値下げも発表しており、セール終了後は499ドル(日本での価格は未定)とのこと。

(関連記事)
・期間限定5万円のOculus Rift、セール後の価格も改定
・Oculus Rift・Touchセール開催中!おすすめゲーム・アプリ10選

加えて、2017年末には、マイクロソフト社が複数のメーカーと提携してPC向けに「MRヘッドセット」(没入型MRヘッドセット)の発売を予定しています。AcerやHP、ASUS、DELL、Lenovo、3Glassesなどの多数のメーカーが開発を行っており、これらのMRヘッドセットはおよそ40,000円(税込)から(ハンドコントローラーは含まない単体価格)と推測されています。

HTC Vive

Oculus Rift

Acer MR
(Win MR)

HP MR
(Win MR)

国内価格
(税込)

107,780円
→84,110円

50,000円
(サマーセール)

※サマーセール後は未発表

40,000円
(開発者版)

53,784円
(開発者版)

国外価格

799ドル
→599ドル

399ドル(サマーセール)
499ドル(サマーセール後)

299ドル

329ドル

ハンドコントローラーの有無

同梱

同梱

なし

同梱版は399ドル
(予告)

無し

(関連記事)
・日本マイクロソフト、MRの法人向け活用支援へ体制強化 PC向けヘッドセットは年末商戦に投入
・マイクロソフト「MRヘッドセット」徹底解説

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HTC Vive

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki