マイクロソフトHoloLensが初のアップデート。スクショ撮影など多くの新機能が追加

現地時間5月31日、米マイクロソフト(Microsoft)社がHoloLensの初となるソフトウェアアップデートの実施を発表。アップデートはマルチウィンドウサポートやスクリーンショット撮影を含むいくつかの新機能と必要な修正を含んでいるとのこと。今回はその新機能の一部を紹介していきます。

https://www.youtube.com/watch?v=XM5OHHrOGqQ

アップデートリリース映像

アップデートで追加される主な新機能

初のHoloLensアップデートで追加される主な新機能は以下の通りです。

Multi-window support:
同時に3つのウィンドウ・アプリケーションを立ち上げることが可能になり、ユーザーのタスク効率が向上。
マイクロソフトHoloLens

Groove music:
Windowsアプリの「Groove Music」を用いることにより、異なったアプリの起動中においてもバックグラウンドでの音楽再生が可能に。

Rotation:
配置したホログラムオブジェクトの位置情報に詳細な制御を加えることにより、オブジェクトを回転させることが可能に。
マイクロソフトHoloLens

Voice commands:
「Bigger」「Smaller」など新たな音声コマンドを追加。”Hey Cortana, move (App Name) here.” でアプリの位置を移動させることも可能に。

Mixed reality screenshots:
今回追加された機能の目玉の一つ。音量調節の上下ボタンを同時に押すことで、MR空間のスクリーンショットを撮影することが可能に。撮影したファイルはFacebookやTwitter、YouTubeなどで共有することができます。
マイクロソフトHoloLens

App resizing:
アプリのサイズを垂直方向にリサイズすることが可能に。

Bluetooth:
BluetoothマウスとBluetoothキーボードの接続に対応。

Pinning photos:
簡単なジェスチャーを行うことで、アプリバーなしで写真を壁や床にピン留めすることが可能に。
マイクロソフトHoloLens

以上紹介した通り、多くの機能が追加されるアップデートとなっています。今後も月次ベースでのアップデートが行われると予想されます。なおその他の追加機能および修正点の詳細に関しては、マイクロソフトのリリースノートより確認することができます。

(関連)
NASA、宇宙探査機開発にHololensを用いた技術を導入

【体験レポ】ニコニコ超会議2016のJALブースで「HoloLens」を体験。その実力は?

(参考)
HoloLens’ First Ever Update Provides ‘Much Needed Fixes’(英語)
http://uploadvr.com/hololens-first-update-brings-much-needed-improvements/

Microsoft – Release Note(英語)
https://developer.microsoft.com/en-us/windows/holographic/release_notes


※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/