低価格GPUのGTX1050Ti、Oculus Riftの最低動作環境に

Oculus RiftやHTC ViveでハイエンドのVR体験をするには、ゲーミングPCが必要です。特にグラフィックボード(GPU)の性能が重要となっています。

PC向けヘッドマウントディスプレイのOculus Riftを動かすには、NVIDIA GPU推奨動作環境はこれまでGTX970、最低動作環境はGTX960とされていました。

今回、現在主力とされているGTX10番台で推奨動作要件がGTX1060とされ、より低価格であるGTX1050 Tiが最低動作要件となりました。GTX970、GTX960に関しては引き続き「代替可能なグラフィックカード」としてそれぞれ記載されています。

より安価なPCでVRを

NVIDIAはより強力なGPUであるGTX1060、1070、1080の発売に続き、2016年10月には低価格なGeForce GPUの最新版、GTX1050及び1050 Tiを発表しました

今回は、そのなかでも上位にあたるGTX1050 Tiが、推奨環境ではないもののOculus動作要件を満たす最低動作環境として、公式によって発表されました。

同社のサポートセンターに準拠したOculus最低動作環境は以下の通りです。

グラフィックスカード NVIDIA GTX 1050 Ti / AMD Radeon RX 470以上
代替可能なグラフィックスカード NVIDIA GTX 960 / AMD Radeon R9 290以上
CPU Intel i3-6100 / AMD FX 4350以上
メモリ 8GB以上のRAM
ビデオ出力 互換性のあるHDMI 1.3ビデオ出力
USBポート USB 3.0ポート1つ、USB 2.0ポート2つ
OS Windows 8.1以降

Oculus Riftの最低動作環境は、同社独自のASW(非同期スペースワープ)レンダリング技術のおかげで、推奨動作環境から分離され、より位置段階低いグラフィックボードでVR体験が可能としています。

このことから、Oculus最低動作環境のPCではOculus Riftは動作するものの、Oculus推奨動作環境を同じく推奨としているHTC Viveの体験はできない可能性があります

GTX1060の日本国内での実勢価格は、搭載するメモリ次第ですが2.2~3万円程度、GTX1050 Tiは1万5,000円程度とグラフィックカードの価格だけ見ると、3分の2から半額程度となります。

NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti スペック

グラフィックスプロセッシングクラスタ 2
ストリーミングマルチプロセッサ 6
CUDAコア(単精度) 768
テクスチャユニット 48
ROPユニット 32
ベースクロック 1290 MHz
ブーストクロック 1392 MHz
メモリクロック 3504 Mhz
メモリデータレート 7 Gbps
L2キャッシュサイズ 1024K
ビデオメモリ合計 4096 MB GDDR5
メモリインタフェース 128ビット
総メモリ帯域幅 112 GB/秒
テクスチャ率(双線形) 61.9ギガテクセル/秒
製造プロセス 14nm
トランジスタ数 33億
コネクタ DisplayPort 1つ、HDMI 1つ、デュアルリンクDVI 1つ
フォームファクタ デュアルスロット
電源コネクタ なし
推奨電源 300ワット
熱設計電力(TDP) 75ワット
熱閾値 97℃

(参考)
Road to VR / Inexpensive GTX 1050 Ti Gets Official Thumbs-Up for Oculus Minimum Spec(英語)
http://www.roadtovr.com/nvidia-geforce-gtx-1050-ti-oculus-minimum-specification-virtual-reality/

Oculus Rift公式サポートページ
https://support.oculus.com/help/oculus/170128916778795/

Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ