東大、映像が印刷物のように衣服にぴったり張り付いて投影する研究動画を公開

東京大学の石川渡辺研究室は、布や紙のような柔軟体上の表面に、実際に映像を印刷したかのような投射を可能とするプロジェクションマッピングの研究動画 「Dynamic projection mapping onto deforming non-rigid surface」 を公開しました。YouTube上で視聴することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=-bh1MHuA5jU

上記のプロジェクションマッピングは、2つの技術によって画像の投影を実現しているとのこと。ひとつは、8ビット階調の映像を1,000fps、3ミリ秒の遅延で投影する高速プロジェクタ「DynaFlash」。2つめは、柔軟体の表面を1,000fpsで高速トラッキングする技術です。

「Dynamic projection mapping onto deforming non-rigid surface
衣服を伸ばしたり、激しい動きをしても、それら動きに応じて映像がぴったり服に張り付いています

投射内容としては、静止画ではなく動画も投射可能です。1,000fpsの速度で投射が行われるため、人間は衣服と投影像とのズレを認識することはできず、まるで実際に衣服に映像が印刷されているかのように見えるとのこと。

なお、本研究にて使用されている高速プロジェクタは、東京エレクトロンデバイス株式会社より商品化されています。

(参考)
東京大学・石川 渡辺研究室

http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人