コロプラ、マザーズ上場のゲーム開発会社エイティングを買収。VRの開発をさらに強化

3月30日、コロプラはマザーズ上場のゲーム開発会社エイティングに対して、完全子会社化を意図したTOB(株式公開買い付け)を行うことを発表しました。TOBは二回に分けて行われ、一回目は経営陣を中心とする大株主に、二回目は一般株主に対してTOBが実施されます。エイティングからの同意を取得したTOBとなります。

今回の買収の背景についてコロプラは、VR事業への注力を理由の1つにあげています。多数のゲーム受託開発の実績があるエイティングの開発力とノウハウを得ることで、VR事業への積極的な推進が可能になるとしています。

コロプラは、VR関連事業に注力。Oculus Riftローンチタイトルとして2つのゲームをリリースしているほか、360度動画の配信を行うための360Channel、またVR分野への投資を進めるため総額60億円相当のColopl VR Fundを運用しています。つい先日も日本のVRHMDメーカーFOVEへの発表したばかり。

一回目のTOBは3月31日から行われ、354万6200株(下限)を1株あたり309円で取得します。二回目のTOBの期間は5月19日から6月29日で、1株あたり758円で買い付けを行うとのことです。

コロプラ

(参考)
株式会社エイティング株式(証券コード:3785)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1340426

(関連記事)
【インタビュー】「今は熱量をどれくらい高められるかが重要」コロプラ馬場社長らに訊くVRの取組の最新動向

【プレビュー】コロプラが発表したOculus Rift向けゲーム『Fly to KUMA』、『VR Tennis Online』

FOVEがコロプラ、鴻海(ホンハイ)、サムスンから12.3億円を調達

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/