【CES2016】3Dゲームをプレイする様子をVRで共有。Creativeの新サービスBlaster Zone

CES2016で、PC周辺機器メーカーのCreativeは、VRに関連する新サービスBlasterZone、スマートフォン向けVRデバイスBlaster X VRを発表しました。

BlasterZoneはスマホゲームの360度動画共有サービスであり、その動画を見るためのデバイスとしてBlaster X VRが発売されます。

スマホゲームの360度動画とは何か

BlasterZoneは、Creativeが新たに立ち上げた360度動画の録画・共有サービスです。スマホゲームをプレイしている様子を360度全天球動画として録画し、共有できるというもの。3Dのスマホゲームをプレイしている様子を録画するのですが、閲覧する際は。第三者視点でカメラの場所を自由変えることができます。Creativeが独自に開発した技術により、録画用のAPKをインストールするだけで「全てのスマホゲーム」を録画することが可能。専用のSDKを事前に入れるなど開発側は何もする必要はありません。(※)

※現在、録画を行うためにはRoot化したAndroid端末にAPKをインストールする必要があり、スマホゲームプレイの撮影になれている人を前提にしているとのこと。今後SDKを提供してゲーム内に録画機能を付随させることで、録画のハードルをさらに下げることを検討しています。

image201601100243011

image201601100243191

録画された3D空間内で一時停止中に視点を移動させる様子(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=Zz_C-sAMbU8

なお、2Dゲームはズームイン、ズームアウトがのみできる動画として保存され、カメラの自由な移動はできません。

Blaster Zoneの閲覧に特化したVRデバイスBlaster X VR

このBlaster Zoneで共有された動画は二眼のスマートフォン用VRデバイスで見ることが可能です。Creativeでは、閲覧用のVRヘッドセット「Blaster X VR」を合わせて販売しています。プラスチック製のVRヘッドセットとしては普通のタイプです。ズームイン・ズームアウトなどを操作するためのミニリモコンがつくのが特徴的ですね。

image201601100227431

image201601100227511

image201601100228001

これまで、ゲームの体験は静止画や動画による平面での共有が中心でした。今後はVRゲームを含め、VRで360度そのままゲーム内の様子を共有する方法が出現することを予見させますね。

CES2016に関する記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/