Production I.G、10月放送開始のアニメ『ブレイブウィッチーズ』のVRコンテンツを発表

プロダクション・アイジー(プロダクションI.G)は10月から放送を開始するTVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(原作:島田フミカネ&Projekt World Witches アニメーション制作:SILVER LINK.)のVRコンテンツの制作を発表しました。

ブレイブウィッチーズ

同アニメは、人気アニメシリーズ『ストライクウイッチーズ』の派生作品。第502統合戦闘航空団に所属する少女たちの活躍を描いた作品です。

同VRプロジェクトは、出版元である株式会社 KADOKAWA、『ブレイブ ウィッチーズ』の TV アニメーション制作を行っている株式会社シルバーリンク、同じく同作の3D 映像制作を行っている株式会社トライスラッシュと製作委員会を組成した共同事業とのこと。TVアニメに使用された“成果物”を有効活用しているとのことです。

最終的なコンテンツは10分程度の体験になります。ゲームエンジンを使用しリアルタイムレンダリングを行うことで、単一的な映像体験ではなくストーリーに介入し能動的な映像体験ができる、とのこと。ストーリー分岐が2箇所用意されます。

Oculus Rift、PlayStaiton VR、HTC Viveへの配信を予定しています。

9月15日より開催されている東京ゲームショウにて、5分間のデモ版を展示しています。

プロダクション・アイジーはこれまで、攻殻機動隊のVRコンテンツ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』を制作。東京ゲームショウではこちらの完全版も展示されています。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/