iPhone、ARかVR対応の可能性高まる?チップセット供給のImagination、VR/AR対応の新GPUを発表

モバイル向けグラフィックチップ(GPU)を提供しているイマジネーション・テクノロジーズは、新たなモバイル向けGPU「PowerVR Furian」を発表しました。同社のモバイル向けGPUは、アップルのiPhone、iPadのチップセットである「A」シリーズに組み込まれています。

同社は、「PowerVR Furian」は現行世代の「PowerVR Rogue」に比べて、次世代のコンシューマー向けデバイスのためのグラフィック性能とコンピューティングを実現しているとして他の改良点を挙げながらも、「VRやARのアプリは高い解像度とフレームレート(描画速度)を要求する」ことへ言及することからリリースを始めています。

「PowerVR Furian」により、モバイルでの限られた制約で、高解像度で没入感のあるグラフィックコンテンツを実現するとのこと。

iPhoneへ採用されるかが、最大の注目

今回発表された「PowerVR Furian」をアップルがiPhoneなどの次期モデルに採用するかは現時点では明らかになっていません。

アップルのVR/ARに関する取組は、公になっていませんが、CEOであるティム・クック氏がARを肯定する発言を多くしているほか、直近では1,000名以上のチームをイスラエルの拠点に置くなど、水面下での動きが観測されています。

iPhoneの10周年とされる2017年。これまで以上にVR/AR機能も注目のポイントとなりそうです。

なお、Androidを提供するグーグルは、既にスマートフォンを利用したVR/ARへの展開を強めており、ハイエンドのVRプラットフォームであるDaydream(日本では未展開)、スマートフォンを広くサポートするVRプラットフォーム、Cardboard、ARに関してはAR技術Tango搭載のスマートフォンが2016年末より登場しています。

(参考)

Imagination Technologies

https://www.imgtec.com/news/press-release/imaginations-new-powervr-furian-gpu-architecture-will-deliver-captivating-and-engaging-visual-and-vision-experiences/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中。4割引になる早割は5月20日までです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ