アップルFinal Cut Pro X、360度VR動画編集に対応

先日発売されたiMac ProはVR開発に対応しています。さらに、アップルはプロ仕様ビデオ編集ソフトウェア『Final Cut Pro X (10.4)』にて、360度VRビデオ編集機能を追加しました。

Final Cut Proでは簡単に360度動画を編集・作成できるようになりました。2D3D両対応で360度ビデオの読み込み·編集·書き出しに対応したほか、HTC Viveを接続することで編集中のプロジェクトをリアルタイムで確認できるようになります。

360度のタイトルを2Dや3Dで簡単に追加できるほか、ブラーやグローといった没入型のエフェクトを加えることができます。

視覚コントロールを使って水平を正したり、パノラマビデオに映り込んだカメラリグの除去が可能です。以下のThe 360 Patch機能では、三脚をワンクリックで除去できるとのこと。これは便利そうですね。

完成した360度ビデオをYouTube、Facebook、Vimeoといった動画共有サイトに直接アップロードすることもできます。

(参考)
VR SCOUT:Final Cut Pro X Arrives With 360 VR Video Editing(英語)

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: AppleFinal Cut Pro X

この記事を書いた人

  • 先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamet

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!