鏡の前に立つと服が変えられる アマゾンのARミラー特許が判明

鏡の前に立つと、次々と自分の服装が変わる……というのはSF映画でよく見るシーンですが、そんな便利な鏡がいずれ実現するかもしれません。アマゾンはAR(拡張現実)技術を利用し、仮想的に服装を変更できる「ARミラー」の特許を取得しました。

仮想空間での試着体験

GeekWireによって発見されたこの特許では、「ブレンデッド・リアリティ(Blended Reality
)」というシステムについて説明しています。ミラーの上にはカメラが設置されており、ユーザーの姿を撮影。そして反射パネルの後ろ側にあるスクリーンに画像を表示するのです。

画像表示の例としては、ビーチの背景と一緒に仮想的なTシャツと短パンを着たユーザーを描写したり、さらにはユーザーが動き回っても衣類が連動して描写されるとのこと。また複数のプロジェクターからのライティングを利用することで、以前からある類似システムよりも写実的な表示が可能だとしています。

ファッション分野に進出するアマゾン

https://www.youtube.com/watch?v=9X_fP4pPWPw

テクノロジーとファッションと聞くとどこか縁の遠い分野にも思えまずが、実はアマゾンは昨年から「Echo Look」(日本では未展開)というデバイスを販売しています。これは自分の服装を撮影し、機械学習と専門家のアドバイスを組み合わせることで「どちらの服装が似合っているか」を判断してもらえるというもの。さらにEcho Lookには、他のアマゾンサービス利用者に服装のアドバイスを求める機能も追加されています。

今回の特許とEcho Lookの機能を組み合わせれば、提案された服装が自分に似合っているかを判断してもらったり、そのまま提案された服をアマゾンのストアで購入する……などの利用方法もありうるでしょう。

将来の技術発展に期待

さらにアマゾンは昨年、ニューヨークベースのスタートアップ「Body Labs」を買収しています。この会社はコンピューター・ビジョンを利用して写実的な動作が可能なアバターを製作し、服のモデルとしても利用できるという技術を開発していました。

今回のアマゾンの特許はまだアイディア段階ですが、今後は自分の姿やアバターに服をあれこれ着せ替えて楽しむ時代がくるのかもしれませんね。

(参照)
Amazon Patents An AR Mirror That Dresses You In Virtual Clothes
https://uploadvr.com/amazon-patents-mirror-dresses-virtual-clothes/

Mogura VRはUPLOAD VRのパートナーメディアです。

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: AmazonARミラー

この記事を書いた人

  • IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。
    Twitter:@tsukamoto_naoki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!