宇宙船の中を彷徨うVRコンテンツ『ADR1FT』、エピック・ゲームズから15,000ドルの資金援助が決定

Epic Games が提供しているゲームエンジン「Unreal Engine 4(以下 UE4)」で製作されている VR コンテンツ『ADR1FT』が Epic Games のコンテンツ開発援助プログラム「UNREAL DEV GRANT」に選ばれ、15,000ドル(約180万円)の援助が決定しました。
このプログラムに採択されたVRコンテンツは2例目。今後もこのプログラムにより、UE4 製のVRコンテンツが充実していくことが期待されます。

screenshot6

UE4 は 2014年に公開されましたが、先日米・サンフランシスコで開催された GDC2015 にて無料化が発表されました。
Epic Games はコンテンツの開発を促進するため、 UE4 を使用している個人やチームに対して資金援助を行うためのプログラム「UNREAL DEV GRANT」を設立しています。
以前当サイトで紹介した『NUREN』も UNREAL DEV GRANT に選ばれています。

『ADR1FT』は、主人公が大破した宇宙船の中を単独で彷徨い、限られた資源の中で宇宙船を修理し、無事に地球に帰還することを目標にしたゲームです。
宇宙船大破の様子やキャラクターの呼吸音で臨場感があり、動画を見ているこちらも緊迫が感じられ息を飲んでしまいます。

このゲームの公式サイトには、PS4 や XBOX ONE のロゴが表示されており、PC以外のプラットフォームでも発売される可能性があります。PS4版 では ソニー・コンピュータエンタテインメント 製 VR ヘッドマウントディスプレイ『Project Morpheus』で体験できるようになるかもしれません。

Written by 古波倉正隆(@masamasa_massa

(参考)
threeonezero – ADR1FT
http://threeonezero.com/ (英語)

UNREAL DEV GRANTS 資金援助プログラム
https://www.unrealengine.com/ja/unrealdevgrants (英語)