マイクロソフトのAcer製MRヘッドセット 予約再開するも約10分で予約定数に到達

日本エイサー株式会社は、5月31日をもって販売を休止していたAcer製のマイクロソフト社のMRヘッドセットの開発者向け「Acer Windows Mixed Reality Headset」を、7月27日12時より予約受付を再開。しかし、12時10分頃には予約定数に達したことを公式Twitterにて発表。受付開始から約10分ほどで予約定数に達したことになります。

本デバイスは、マイクロソフトが提供しているMRデバイス「HoloLens」と同じWindows Mixed Realityのプラットフォームを使用することで、没入型のVR体験が可能です。Windows 10搭載のPCで所定の条件を満たせば動作します。

今回は5月31日の予約販売の休止から、2ヶ月ほどで予約販売の再開がされました。

日本エイサーの担当者の方に本件に関して伺ったところ、今回の予約定数の数量は非公開。今後の予約再開の予定については、現在のところ未定。問合せも多々あり調整中であり、改めて発表する予定とのことです。

なお、日本HP製の同プラットフォームに対応したMRヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(デベロッパーエディション)」は、開発者向けに8月の発売を予定しています。

関連するキーワード: Acer Windows Mixed Reality HeadsetMRヘッドセットWin MRWindows MR日本エイサー

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ