デイリーランキング

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

VIVEトラッカーを使って全身トラッキング 新たなソフトウェアが登場

開発

2020/04/03 12:30

ARで“空間にメモ”できる業務向けアプリ、LiDARにも対応

活用事例

2020/04/02 12:00

SteamがVRヘッドセット利用率調査の手法を改善、より正確に

統計・データ

2020/04/02 20:00

拡大する“VRトレーニング” 米企業が32億円調達、実施事例は150万件以上

投資

2020/04/03 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

EUがXR産業支援プログラム 総額150万ユーロを資金提供

欧州委員会(European Commission、EC)は、ヨーロッパにおけるXR産業育成に資金を投入します。欧州委員会は、EU(欧州連合)の政策遂行機関です。傘下の団体を通じ、総額150万ユーロ(約1.8億円)の活動資金を配布する計画です。

最大で5万ユーロ

公募を行うのは、ECが主導する団体XR4ALLです。XR4ALLはEUの研究育成プログラム「Horizon 2020」に基づき設立された組織です。欧州でXR産業に携わるスタートアップ、研究所、中小企業等の組織を支援する目的で運営されています。

今回の支援事業は、主にEU諸国を拠点とするXR関係の団体が対象となります。2段階のフェーズに分かれており、1団体当たり最大で5万ユーロ(約600万円)の資金提供を受けられます。選考過程は下記のとおりです。

選考過程

フェーズ1:コンセプトの検証(2ヶ月間)

商業的及び技術的な観点からコンセプトの検証を行います。十分な内容があると判断されたプロジェクトは、1万ドル(約120万円)の資金を一括で受け取ります。

フェーズ2:プロジェクトの進行、完成(4ヶ月間)

提案したプロジェクトの内容を、必要最小限の機能を備えた実用版として進めます。審査にパスした場合の資金は一括で4万ドル(約480万円)です。

フェーズ1の最後に最高評価を得られたプロジェクトのみが、第2段階のフェーズへ進めます。フェーズ1に選抜されるプロジェクトは最大50、そのうち最大25のプロジェクトがフェーズ2への資格を得る予定です。

応募締切は2019年10月31日、2020年1月31日、4月30日、7月31日の4回設定されています。詳細はこちらの公式ウェブサイトから。

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


2017年にVR開発を終了したCCP Games、突如過去作のアップデートを発表 VR復活の兆し?

2019/07/11 11:00 ゲーム・アプリ

泳ぎながらタイムが見える AR水泳ゴーグルが登場

2019/07/11 11:00 AR/MR

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集