デイリーランキング

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏

業界動向

2022/01/26 11:30

「HoloLens」開発チームの光学アーキテクトが退社、新たに「Google Labs」に参加か

業界動向

2022/01/27 11:30

Unityはメタバースにどう関わるのか?大型買収の背景をインタビュー

業界動向

2022/01/28 11:45 New

ラルフローレンCEO「メタバースは若い世代の顧客獲得につながる」

業界動向

2022/01/25 15:37

KDDIとPsychic VR Lab、都市にバーチャル広告やコンテンツを配信する「XRscape」を提供開始

業界動向

2022/01/27 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

SafariのVR対応への布石か アップルの開発者がWebVRコミュニティに参加

ウェブブラウザでVR体験ができるようになる「WebVR」に、Appleも積極的に取り組むのではないかと考えられる動きがありました。

ウェブページで体験できる手軽なVR

WebVRは、WebGLを使いブラウザでウェブページにアクセスするだけでVR体験ができる技術です。

ウェブブラウザ・FireFoxを開発しているMozillaやGoogle Chromeを提供するグーグルを中心に各社が連携して継続的な開発が行われており、現在はスマートフォン向けのVRゴーグルからWindows Mixed Realityヘッドセットを含め、主要なVRヘッドセットに対応しています。

WebVRの大きな利点は、VRを体験するためにアプリケーションをインストールする必要が無いことや、デバイスやブラウザに関係なくアクセスすることが可能なことです。

SteamやGoogle Playからのインストールを行う必要がなく、URLだけでどのデバイスからもアクセスできるWebVRは、VRの裾野を広げる手軽さを実現すると期待されています。

ブラウザVR体験にAppleも参戦

7月6日、新たにMacを用いたVRやiOS/iPadによるARを推し進めているAppleの開発者たちが、WebVRのコミュニティグループw3cに参加していることが判明しました。コミュニティグループの一人、GoogleのBrandon Jones氏がその旨をツイートしています。

Appleの参加によって、主要なブラウザベンダー(AppleであれはSafari)がすべてWebVRの開発に参加していることになります。

Appleからは、長年マルチメディアとソフトウェアスタンダードの代表を務めるDave Singer氏、シニアフロントエンドデベロッパーのBrandel Zachernuk氏、WebGLスペックエディターのDean Jackson氏がコミュニティに参加しています。

アップルのWebVRコミュニティへの参加は必ずしもSafariへの実装の確約するものではありませんが、WebVRの標準化への大きな一歩であることは間違いありません。

https://www.youtube.com/watch?v=Le8pTXQqM3s

(参考)
UploadVR / Apple Developers Join The WebVR Community Group(英語)
https://uploadvr.com/apple-webvr-community-group/


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!【第2回: 空間/建築編】

水口哲也氏、VRや『Rez Infinite』を語る

2017/07/07 15:00 ゲーム・アプリ

自由に動き回れるモバイルVR「LINK」を先行体験

2017/07/07 15:00 テック
VR/AR/MR 用語集