ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.09.19

レポーターに迫る洪水 ハリケーン被害をTVで可視化する技術

米気象予報番組のウェザーチャンネル(Weather Channel)は、米ノースカロライナ州に上陸している「ハリケーン・フローレンス」の予想される被害をAR(拡張現実)MR(複合現実)を活用して報道しました。日本でもTwitterなどでその危機感迫る映像が話題を呼んでいます。

「ハリケーン・フローレンス」は、豪雨をともなう最大風速110マイルが予想されています。沿岸部の劣化の影響もあり、ノースカロライナ州では大規模な洪水の可能性を抱えていました。バージニア州とカロライナ州は、強制力の強い避難指示を出しているものの、最悪な状況下においては甚大な被害と死傷者が出ることは免れないことを予想しています。

ハリケーン被害の最悪の事態をMRで可視化

大災害の危険性を把握できていない住民がいることも想定されるため、ウェザーチャンネルは没入型のMR技術を駆使し、沿岸南部の住人たちがどれくらいの被害がおよぶのか、リアリティある映像で報道しました。

Unreal Engine 4で制作された嵐のAR映像は臨場感溢れるものとなっており、リポーターはARの嵐の中から天気予報を伝えます。洪水の深刻さや予想される水位、それに伴う損害などを、リポーターの解説に合わせてリアルタイムで反映しています。叩きつける雨の音や風で倒れそうになる木々や電柱、水位が上昇して屋根の高さにまで浮かぶ自動車など、予想される被害映像が流れ、そのリアルさは視聴者に危機感を訴えます。

ウェザーチャンネルのデザイン担当Vice PresidentであるMichael Potts氏は、Webメディアのインタビューで次のようにコメントしています。

私たちの仕事は安全を確保することです。天気とは理屈ではなく物理的な現象であるので、可能な限り現実に近い方法で再現することを試みています。

これまでにもウェザーチャンネルは、MRを専門とするテック企業のFuture Universeと提携し、135mph(約時速217km)の巨大な竜巻が発生した場合のデモ映像を制作し、災害の危険性を再現しています。

https://www.youtube.com/watch?v=0cODBQqaGTw

天気図を机の上に映し出すARアプリも登場

米メディアのUSA Todayも「ハリケーン・フローレンス」関連のiOS、Android対応のARアプリを配信しています。このアプリでは、ARで映し出される天気図を現実空間にある机や床などの平面上に映し出すことができ、ハリケーンの強さや予想経路、風速などが配信され、リアルタイムで確認が可能です。

Google Play Store 「USA TODAY
iTunes Store「USA TODAY

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

MIE

滞在先の韓国でVR/ARを体験しその世界に魅了されました。機会をみつけてVR/AR体験を楽しんでいます。Instagram:@happieta

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集