デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

バーチャルYouTuber専門事務所が発足 コンテンツ提供も開始

2017年12月から盛り上がりを見せている、バーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー)。2018年に入ってからはさらに大きな動きが見られるようになり、YouTubeの領域だけでなく、グッズ販売やイベント出演などの方面での活動も増加傾向にあります。

2月26日、ユニコーン株式会社は、バーチャルYouTuberを活用したキャラクター支援サービス「バーチャライズ」の提供を開始しました。また、バーチャライズ所属バーチャルYouTuber「紫音(しおん)-Shion-」のコンテンツ提供を2月26日より開始しています。

バーチャライズは、YouTube上でのキャラクターマーケティングを展開するバーチャルYouTuber専門のプラットフォームです。新しいコミュニケーション手法でのマーケティング課題の解決や、新しいタレント像の提案、マネタイズ支援などの提供を行います。

活用事例としては、商品開発、ファンイベント・ライブパフォーマンスの実施、オリジナルキャラクター企画・運用などが想定されています。

また、ユニコーンはキャラクターを活用したタイアップ動画配信などを希望する事業者向けの公募や、バーチャライズ所属キャラクターの声優、バーチャルYouTuberのクリエイターの公募も開始しています。

バーチャライズ所属YouTuber「紫音(しおん)-Shion-」

バーチャライズ所属の「紫音(しおん)-Shion-」は、声だけの存在という設定のバーチャルYouTuberです。彼女は「視聴者との交流を重ねることで活動の範囲が広がり、人から認知されないと消えてしまう」状況に身を置かれているとのこと。

「紫音(しおん)-Shion-」
YouTubeチャンネル
Twitter

バーチャルYouTuberに関する記事はこちらです。

http://www.moguravr.com/vtuber-big-four/

http://www.moguravr.com/kizuna-ai-4/

(参考)ユニコーン株式会社 プレスリリース


『初音ミクVR』 先行体験が開催

2018/02/26 12:42 イベント情報

HoloLensで建築デザインを3D表現 議論検討やコスト削減に活用

2018/02/26 12:42 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集