デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブラウザでアクセスできるバーチャル空間・ストアサービス「VRooom」提供開始

VRコンテンツ開発を行う株式会社UNIVRSは、Webブラウザからアクセスできるバーチャルイベントサービス「Vrooom(ブルーム)」の提供を開始しました。参加者は専用アプリやVRデバイスを装着する必要なく、ブラウザからバーチャル空間へ参加できます。

バーチャルイベントを開催できるサービスは、これまで「cluster 」や「バーチャルキャスト」などが提供されています。「Vrooom」は上記のサービスのようにアバターを使って、他ユーザーとの交流をとれるものではなく、個々にバーチャル空間を楽しむ設計になっています。

「Vrooom」はスマートフォンやPCのブラウザからアクセスできるバーチャルイベント・ストアサービスです。参加者はWebブラウザがあれば、事前準備することなくバーチャル空間へアクセス可能。自由に移動しながら見て回ることができます。

主催者はイベント用途に合わせてバーチャル空間をカスタマイズできます。バーチャル空間には商品の購入ページのリンクを設置することも可能です。

立体的なオブジェクトの展示が可能に


(「ワンホビギャラリー2020ONLINE」にて擬似立体画像機能を使用した展示物の様子 ©︎GOOD SMILE COMPANY)

「Vrooom」では、複数枚の画像を組み合わせることで展示物を立体的に表示できる「擬似立体画像機能」が搭載されています。展示されているアイテムをさまざまな方向から閲覧可能です。

「Vrooom」はこれまで、攻殻機動隊 SAC_2045のポップストアワンホビギャラリー 2020などに活用されています。

(参考)株式会社UNIVRS プレスリリース


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

パシフィコ横浜の「お城EXPO2020」でVR安土城がお披露目

2020/12/18 18:00 イベント情報

VRショッピングモール型ストア「XRShop World」プレオープン!

2020/12/18 18:00 話題
VR/AR/MR 用語集