デイリーランキング

突如現れたドコモの「軽量ディスプレイグラス」開発担当者に狙いを聞く

テック

2021/02/26 19:00

リコーの360度カメラ「THETA Z1」が完売 部品が入手困難に

テック

2021/02/26 15:15

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ノーコードかつWebブラウザだけでARコンテンツが作れる「WorkLink Create」

開発

2021/02/26 11:30

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

3Dモデルを作るVRツール『Medium』複数人が参加可能に

PC向けVRヘッドマウントディスプレイOculus Riftでリリースされている、VR造形ツール『Medium』の大幅なアップデートがありました。今回のアップデートの大きな特徴はオンラインで同じ仮想空間で複数人が造形可能になる”Studio Share機能”が追加されたとOculusブログに記述されています。

https://www.youtube.com/watch?v=yQjWJRF22Sc

Studio Shareで共有しながら造形

造形作業をしている間、ヒントやテクニックを共有したり、ユーザーが作った作品をリアルタイムでフィードバックすることなどができるほか、セッションそのものを記録したり、オキュラスフォームで共有することもできます。現時点では、同じ造形物を同時に複数人が作業することはできない模様です。


プロのアーティストはこの新しい機能Studio Shareを使用することで、独創的でインタラクティブでクリエイティブなレビューをしたり、デザインについて話したり、カメラアングルを試すといったことが容易にできるようになります。

Studio Shareは現在ベータ版となっています。

オンラインでインスピレーションを加速

MediumのWebページに「Featured Artist」セクションが追加されました。そこでは、多様なアーティストが作った作品のリストが紹介されています。ユーザーは次の彫刻を考えるときに、毎月更新される新しいギャラリーを閲覧することができます。

実用的なアップグレード

今回の『Medium』のアップデートでは、Studio Share以外にもVRでの造形が今までよりも容易になるツールがいくつか紹介されています。

・Move Toolー造形した3Dモデルをつかみ、壊すことなく調整することができます。
・Reference Meshes―3Dメッシュのインポートやプリロードされたサンプルを使用し参照することができます。
・Color Picker Eyedropper and Palettes—スポイトを使用して、参照画像からカラーを取り出し、カラーパレットに追加することができます。
・Manipulators―オブジェクトとレイヤーを軸に沿って回転させ、スケーリングします。
・Sculpt Origin―造形物のエクスポートをするために、造形物の位置や方向、サイズを設定することができます。

(参考)
Medium – Oculusー(英語)
https://www.oculus.com/medium/
Introducing Studio Share: Sculpt with Friends in Oculus Mediumー(英語)
https://www.oculus.com/blog/introducing-studio-share-sculpt-with-friends-in-oculus-medium/


VRで痴漢被害者の感じる恐怖と不快感を実感する『再現VTRメーカー』

2017/07/17 11:30 テック

高層ビル群を駆け抜けろ!鬼怒川温泉にVRジェットコースター

2017/07/17 11:30 イベント情報