デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRでマイクラ風地形編集、とある開発中アプリに注目

VR空間ではキャプチャした現実の物体を表示したり、架空のオブジェクトを作成することが可能です。VRプラットフォーム「VRChat」や株式会社Psychic VR Labが提供している「STYLY」では、VR内に自分のワールドを作成してアップロードしたり、オブジェクトや地形を編集・構築することで様々なものを作り出せます。

これらのアプリやツールに続き、VRで直感的にオブジェクトを生成・編集するための新たなツールがTwitterにて話題となっています。

こちらを投稿したのは、上述の「STYLY」を開発している株式会社Psychic VR Labのafjk(エーエフ)氏(TwitterID:@afjk01)。動画では広大な風景の中で地形を生成したり、逆に削ったりと、自由に編集している様子が見てとれます。

休日の2日でツール完成、自由に地形を編集

今回、Mogura VRは作者のafjk(エーエフ)氏にお話をうかがいました。本アプリは、「STYLY」における地形編集機能の調査中に生み出されたもの。ゲーム制作エンジン「Unity」のアセット「Voxeland」を使用し、休日の2日間で地形編集ができるツールが完成したとのことです。アプリでは、地面を歩いたり洞窟を掘り進んだり、空中を飛びながらの地形編集が可能です。

移動方法からVR酔いしやすいということもあり、移動時に視界を狭めるなどの酔い対策が取り入られています。その他にも地形情報の保存、読み込みなど、地形編集ツールとしての機能も実装しています。

編集機能については、「STYLY」にもVR内で空間を編集するVRエディットモード「VR Editor」が搭載されており、オブジェクトを掴んで配置していくことができます。同氏によれば、「地形編集には今回の方法が合っているのかもしれません」とコメントしています。

今後の展開については、Twitterにて動画を投稿したところ大きな反響があったため、何らかの形で公開できるよう開発を進めていくとのこと。今後の動向が楽しみなアプリです。

(参考)Twitter

【PSVR】注目の新作VRゲーム・アプリ(2018年10月)

2018/11/04 19:30 PlayStation VR(PSVR)

3分でわかる!今週のVTuberニュース(10月28日~11月3日)

2018/11/04 19:30 VTuber 最新ニュース一覧