デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ロボットを遠隔操作し、モノの硬さも感じられる 大成建設とVR企業がシステム開発

VR力触覚デバイスの開発を行う​イクシー株式会社は、大成建設株式会社と共同で、力触覚伝達技術を利⽤したロボット遠隔操作システムの開発に着手しました。

このシステムでは、作業者がインターネットを経由して、遠隔地でも触っているモノの硬さ等を感じつつロボットが操作できるようにすること、およびロボットが人間の操作を学習し、自動で作業できるようにする事を目指すとのこと。

過去に大成建設はHMDを利用したVR技術により重機を遠隔操作するシステム『T-iROBO Remote Viewer』を開発、この分野における展開を進めています。この『T-iROBO Remote Viewwer』は建設現場や災害復旧工事等に普及展開を行うとしていましたが、今回の共同開発によるシステム・デバイスは、より精密な操作や細かいフィードバックの必要な作業に投入されるのではないでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=LuAd2IurXgE

今回、イクシーはこれまでに開発を行ってきたデバイス『EXOS Glove』と『EXOS HandUnit』、そしてロボットアーム『EXOS ArmUnit』を用いて、これらを組み合わせたシステム構築を行うとのこと。現在は上掲動画のようなプロトタイプが動作中であり、今後システムのブラッシュアップを進めるとしています。

(参考)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000027354.html


PCの機内持込禁止をARやVRデバイスで解決する試み

2017/07/21 07:30 活用事例

セレブのアバターと会話 米スタートアップが500万ドルの資金調達

2017/07/21 07:30 活用事例
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集