デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

新型VRヘッドセット開発中止のAcer、「XR技術への投資は継続」

業界動向

2020/02/17 11:00

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

VRで遠隔リハビリ治療 “バーチャルクリニック”全米各地で展開へ

活用事例

2020/02/17 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VTuber用途にも使える高機能ボイチェン「VT-4」発売

ローランド株式会社は、リアルタイムで声を変化させるボイスチェンジャーとして使用できる、ボイス・トランスフォーマー「VT-4」を10月19日に発売します。価格はオープン価格(10月17日時点、主要オンラインショップでは概ね26,000円前後で販売)です。

「VT-4」はマイクを接続して、ピッチ(音程)とフォルマント(人の声を特徴づける周波数成分)を調整し、自分の声を加工できるデバイスです。前モデルである「VT-3」のボイスチェンジャー機能はそのままに、音程補正専用のつまみをパネル中央に配置することで、シンプルでスムーズな操作となっています。また、パフォーマンスで役立つ20種類のエフェクトも搭載しています。

VT-3の初年度販売台数は国内外合わせて10,000台を予定。10月17日現在、主要ネットショップでは既に予約・初回分が完売しているケースもあります。

前モデルにあたる「VT-3」はVTuberでの利用事例も多数

最近では、たとえば男性が美少女アバターを試用し、そのうえで「恋声」などのボイスチェンジャーを使って声も女性化した「男性の女性バーチャル配信者」になる事例も増えており、一部では「バ美肉(ばびにく-バーチャル美少女受肉(※1))」とも呼ばれています。

https://www.youtube.com/watch?v=Idu91ptwWW0

バ美肉おじさんの代表として語られることが多いVTuber・魔王マグロナ氏は「VT-4」を使用した生放送を行っています(従来は前モデルのVT-3を使用)。

なお、VTuberに関するボイスチェンジャーの事例は、これまでにDJ・作曲家のDJ TECHNORCH氏によるボイスチェンジャーの使用法に関する解説動画などもアップロードされています。

VTuber必見!「ボイスチャンジャ―の使い方」徹底解説動画 | Mogura VR

VTuber必見!「ボイスチャンジャ―の使い方」徹底解説動画 | Mogura VR

MoguraVR

(※1 宗教用語である「受肉」とは無関係の用語として使用されています)

(参考)ローランド株式会社 プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

動画配信サイトVimeo、リアルタイムの3D立体映像配信に成功

2018/10/17 12:01 テック

「ポケモンGO」にシンオウ地方のポケモンが登場!

2018/10/17 12:01 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集