デイリーランキング

iPad Proで測量時間を短縮、建設・土木現場向けアプリが提供開始

活用事例

2020/08/07 19:30

Steamの月例VRデバイス調査が発表、VALVE INDEXの利用率はOculus Rift超えに

統計・データ

2020/08/07 11:30

誰でも参加・発表可能なVR展示交流会、日本VR学会が9月16日より開催

セミナー・カンファ

2020/08/07 18:40

ARで新たなショッピング体験、サッポロ不動産開発が「バーチャル店舗」

活用事例

2020/08/07 20:00

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

国内VR企業のスペースリーが4億円調達、新たにVR研修分野へ注力

VR制作・編集ソフト「スペースリー」の開発および運営をする株式会社スペースリーは、総額4億円の資金調達を実施しました。同社はこの調達をもとに研究開発を強化、プロダクトの開発を推進するとともに、新たにVR研修分野へも注力する旨をコメントしています。

今回の調達は第三者者割当増資によるもの。出資元はDNX Ventures、Archetype Ventures、DBJキャピタル株式会社です。

不動産分野に強み、今回技術顧問を迎える

社名と同名のプロダクト「スペースリー」は、2016年11月にサービスが開始され、現在の事業者利用者アカウントは2,000社を超えています。利用企業の中でも、「営業目的で利用される不動産業分野においては、継続率が98.5%と非常に高い」とのことです。

今回の調達に伴い、人工知能学会編集委員会副委員長であり、株式会社LIFULLにてAI戦略室主席研究員を務める清田陽司氏が技術顧問に就任しました。スペースリーは清田氏の就任に関して、「スペースリーに蓄積されるデータを活用した深層学習の研究開発を推進するため」とコメントしています。

(参考)株式会社スペースリー プレスリリース


VR制作ツール「STYLY」B2B利用へ、NTTデータNJKと業務提携を締結

2019/06/03 12:30 業界動向

ドラクエ新作「ドラゴンクエストウォーク」が発表、ドラクエの世界を“歩いて冒険”するスマホ位置ゲー

2019/06/03 12:30 ゲーム・アプリ