デイリーランキング

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

VIVEトラッカーを使って全身トラッキング 新たなソフトウェアが登場

開発

2020/04/03 12:30

ARで“空間にメモ”できる業務向けアプリ、LiDARにも対応

活用事例

2020/04/02 12:00

SteamがVRヘッドセット利用率調査の手法を改善、より正確に

統計・データ

2020/04/02 20:00

拡大する“VRトレーニング” 米企業が32億円調達、実施事例は150万件以上

投資

2020/04/03 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ソニーが“円筒型透明スクリーンディスプレイ”開発、3DCGを360度投影

ソニー株式会社は、3DCGの映像を円筒スクリーンに投影可能な「円筒透明スクリーンディスプレイ」を開発しました。本製品に3DCGの映像を投影することで、360度どこからでも映像を見ることができるとのこと。

通常、光は透明な物体に対して透過するため、透明ディスプレイはその透明度と投影された映像の輝度を両立するのが困難とされています。今回ソニーは、高い透明度を保ちながら高輝度の映像表示が可能な円筒透明スクリーンディスプレイを開発。独自の円筒投影光学設計により、360度全方位から鮮やかな映像の視聴を可能としています。

「SIGGRAPH 2019」に出展

ソニーは、米国・カリフォルニア州ロサンゼルスにて開催中のコンピュータグラフィクスとインタラクティブ技術の国際会議「SIGGRAPH 2019」にて、本製品を出展しています。

「SIGGRAPH 2019」では、本製品を使用した以下の展示を行っています。

360度高速カメラトラッキングによる2D映像への実在感付与

毎秒1,000フレームで撮像が可能な高速ビジョンセンサーを用いたカメラにより、視聴者の位置を360度リアルタイムでトラッキング。これにより、常に映像が円筒内にあるように表示し、2D映像でありながら実在感の高い表現を実現します。

複数台連動による新しい空間演出アプリケーションの提案

本ディスプレイを複数台使用し、それぞれの映像を連動させることで新たな空間演出手法を提案するデモ展示を行います。

360度映像を活かした、光と音のリアルタイムインタラクション

360度映像とそれに協調するサウンドをハンドジェスチャーでリアルタイムに操作し、新しいインタラクティブな体験を楽しめるアプリケーションです。本アプリケーションはソニー・インタラクティブエンタテインメントが開発を行い、デモ展示に協力しています。

なお、「SIGGRAPH 2019」には本ディスプレイ以外にも、網膜直描技術を使ったフルカラーのARアイウェア試作機の展示も行われているとのことです。

(参考)ソニー株式会社 プレスリリース


三井不動産が凸版の“バーチャルルーム”採用、顧客の要望をリアルタイム反映

2019/07/30 12:00 シミュレーション・接客

漫画「ドラゴン桜」主人公・桜木建二がVTuberに、プロデューサーを募集開始

2019/07/30 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集