ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

注目のトレンドはこれだ! シリコンバレーVR/ARニュース3月号

こんにちは、GFR Fund古森です。今月もよろしくお願いします。3月はGDCなどが開催され、大きなニュースがいくつもありましたが、GDC関連のニュースは日本でも広く知られていると思いますので、私の方は投資家視点からのトレンドにフォーカスしたいと思います。

3月ということで2018年の第1四半期が締まった月になりまして、早速Digi-Capitalより2018年の第1四半期のレポートが出ましたので、その記事を中心にトレンドを紹介していこうと思います。

目次

1.2018年第1四半期総括
2.AR関連の開発SDK/プラットフォームが次々公開
3.引き続き活況なAR技術関連への投資

2018年第1四半期総括

AR/VR startups raise record $3.6 billion in last 12 months as market transition accelerates

Digi-Capitalの2018年第1四半期に関するレポートによれば、過去12ヶ月で総額36億ドル(約3800億円)の投資が行われたとのことです。第1四半期自体の数字がありませんが、グラフを見る限りでは堅調な数字なようにも思えます。

しかし、MagicLeapが3月に4.61億ドル(約488億円)の調達を発表したことを鑑みると、それを除いた数字は堅調かやや減少傾向にあるかもしれません。投資の内容自体は記事ではMobile ARおよび VR/ARの技術関連の投資が進んでいると指摘しています。私の現場を回っている肌感でもARの技術関連への投資は活況ですが、そのほかの領域(特にVR関連)は少々落ち込んでいる印象は否めないです。

ARKit-only apps top 13 million installs, nearly half from games

Digi-Capitalの記事を裏付けるかのように、3月末には”ARKit-Only”のアプリケーションが1300万ダウンロードを超えたという記事がリリースされました。”ARkit-Only”の定義は少々曖昧ですが、2017年9月以降にARkitの機能を中心としてリリースされたアプリケーションだけをカウントしたものです。

既存のアプリケーションにARKitの機能を付属したものを加えると、そのアプリケーション数は2000以上にも及び、潜在的にMobileARの機能を体感しているユーザーは1300万より大きい数字になりそうです。また、記事の中ではARKit-Onlyのアプリのダウンロードのうち47%がゲームが占めていると指摘しております。ARにおいてもゲームが大きく産業をリードしていくことが伺えます。

AR関連の開発SDK/プラットフォームが次々公開

12月号では、ARの技術関連への投資が活況で、2018年後半にかけてアプリケーションの投資が増えると指摘しました。その根拠となる考え方は、2017年末にかけてAR技術関連の投資が活況でしたので、2018年第2四半期にはそれらのSDK等が公開され、アプリケーションの開発環境が整うという予想でした。

その後、予想通り各社GDCの前後に合わせてAR関連のSDKの発表を次々と行いました。これらのSDKの提供によりAR空間における永続性とマルチプレイヤーの体験(以下、”より良いAR体験”と呼ぶことにします)を開発することが可能になったので、第2四半期以降ARアプリケーションのシード投資も伸びてくると推測します。実際にこれらの体験がアプリケーションとなってリリースされるのは早くても年末、来年の頭にはより良いAR体験のアプリケーションが次々と出てくることでしょう。

Mapbox Launches Global Reality-Grade AR Location Platform

2月末の記事になりますが、ロケーション×ARに力を入れているMapboxが位置ベースの AR Platformを発表しました。従来のMapboxが提供しているナビゲーションやマップの情報に加え、ARによるナビゲーションやマルチプレイヤー体験を開発することが可能になるとされています。

https://www.youtube.com/watch?v=7Bbd5dbuPBc

Google’s Linkage Of The Unity Engine With Google Maps Is A Game Changer

Mapboxに続いて、GoogleがUnity上で使用可能なGoogle Maps APIsを公開しました。これによりデベロッパーが「ポケモンGO」と同様のゲームを作ることがより簡単になり、今後そういったアプリが増えてくることが期待できます。しかし、より良いAR体験を実現するにはGPS以上のロケーションマッピングが必要です。

Blue Vision Labs, which builds ‘collaborative’ AR, emerges from stealth with $14.5M led by GV

Google Map APIの発表の数日後、ARクラウド関連技術を手がけるBlue Vision LabsがGoogleをリード投資家とする1450万ドル(約15.3億円)の資金調達を発表しました。上述の記事の内容との連携は定かではありませんが、GoogleもARクラウド関連技術に注目していることは間違いありません。Blue Vision Labsは資金調達の発表とともにSDKの公開も発表し、デベロッパーもより良いAR体験を開発することが可能になりました。ただし、記事の中ではサンフランシスコ、ロンドン、ニューヨークの中心地だけに対応するとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=kaRhwBb9UzA

Why GPS won’t be enough for the AR era

GFR Fundが投資しているアウトドア向けARクラウド関連技術を開発しているSturfeeも、SDKのクローズドβ募集を開始しました。Sturfeeは独自のテクノロジーにより現実世界のコピーの収集が効率よく行えるため都市展開が早いのが特徴です。4月上旬の時点でUSの11都市に対応しています。

https://www.youtube.com/watch?v=S2AYJeO1v4c

AR Cloud Company 6D.Ai Seeks Developers for Closed Beta of SDK

続いて、現在シリコンバレーで最も注目を浴びているARクラウド関連スタートアップである6D.aiもクローズドβを発表しました。6D.aiはデモの動画を見る限りインドアに強いと予想されます。Escher RealityがNianticに買収されたいま、一般のデベロッパーが使用可能なARクラウドの技術の大本命は6D.aiと言えるでしょう。

引き続き活況なAR技術関連分野への投資


シリコンバレーで4月現在、最も活況な投資分野はAR関連技術分野です。特にARクラウドに代表されるような永続性・マルチプレイヤーを支える技術に注目が集まっています。それも多くが資金調達額・時価総額ともに高めなのが特徴です。

6D.ai Raises Seed Funding

まずは先述した6D.aiが4月上旬に資金調達を発表しました。資金調達額は非公開ですが、老舗VCであるGeneral Catalystがリードしている他、シリコンバレーのAR投資に活発なVCが揃って投資しており注目の高さが伺えます。

Blue Vision Labs, which builds ‘collaborative’ AR, emerges from stealth with $14.5M led by GV

こちらも先述したBlue Vision Labsです。Googleをリード投資家とする1450万ドル(約15.3億円)の資金調達を3月中旬に発表しました。他のAR技術関連スタートアップの調達額が1億 – 3億円程なのに対し、調達額だけで言えば一歩抜きん出ている印象です。記事でStealth(ステルス)と書いてある通り、発表されるまで全く噂にでなかったスタートアップです。Blue Vision LabsにもAccelなど老舗VCが多く参加しています。

Ubiquity6 nabs $10.5 million from top investors to build a deeper augmented reality

最後にAR関連技術を手がけるUbiquity6が3月末に1050万ドル(約11.1億円)の資金調達を発表しました。こちらはARクラウド関連技術かどうかは不明ですが、永続性やマルチプレイヤーの体験を提供することが可能とされています。Ubiquity6にもIndex Venturesなど老舗VCが多く参加しています。

上記の通り、老舗VCも一通りARクラウド関連技術へのシード投資が完了しました。2018年4月までに調達を完了したARクラウド関連スタートアップ(5−7社程)以降は資金調達が難航することが予想されます。シリコンバレーではすでに淘汰が始まっていると言えるでしょう。今後はAR関連技術ではなく、これらの技術を使ったより良いAR体験を提供するアプリケーションへの投資が活況になることが予想されます。私自身もAR関連の技術からARのアプリケーションにより注目していこうと考えています。

この記事を書いた人

古森 泰(こもり やすし)

Principal,  GREE VR Capital, LLC.シリコンバレーを中心にVR/AR関連のスタートアップの投資活動をしています。

Twitter:@Yasushi_1985

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース