デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR内でのリアルタイム・コーディングが可能になる『RiftSketch』がGithubで公開

VR内で3Dコンテンツを開発することのできる環境がUnityUnreal Engine4で登場することが明らかになっています。物を動かしたり、メニュー操作といった動作は直感的に行えるようになります。

では、さらにそのベースとなるプログラムのコーディングをVR内で行えるツールが公開されました。VR内のコミュニケーションプラットフォームAltspaceVRの開発チームは『RiftSketch』というVR内テキストエディタを開発しています。このエディタでは、打ち込んだコードによりリアルタイムで目の前のVR空間内にその結果がビジュアルとして出現します。ヘッドマウントディスプレイをはずすことなく、結果を見ながらコーディングを行えるというものです。

https://www.youtube.com/watch?v=SKPYx4CEIlM

なお、手元の認識にはLeap Motionのカメラを使っています。なお仕組みはWebVRを使っており多様なプラットフォームに対応します。PC,ウェブブラウザ、スマートフォン上で動作するほか、対応するVRヘッドマウントディスプレイもOculus Rift、HTVC Vive、Google Cardboardなど多岐にわたります。

image201602131238063

image201602131238001

image201602131237542

VR内での表示に合わせて、一度に表示されるコードは14行とかなり短くなっています。

このRiftSketchはGihubにてオープンソース化、無料公開されています。
リンクはこちら


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

Oculus、音声からVR内のアバターの口の動きを表現するプラグインを公開

2016/02/13 12:42 テック

周りの目を気にせず4DでVR体験が可能な椅子「Telepod」有楽町ビックカメラで14日まで展示

2016/02/13 12:42 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集