デイリーランキング

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

ビジネス活用事例

2019/02/15 19:00

XRトレーニングによるコスト削減は年間1.5兆円 多数の企業が取り組む

統計・データ

2019/02/15 12:00

VRで交通事故を体験、安全意識高める 大分県警察ら共同制作

ビジネス活用事例

2019/02/15 11:30

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

エピックゲームズ、UE4のVR版エディタを発表。VR内で歩いて手を動かしてVRの世界を創造

Unreal Engine 4(UE4)を提供するエピックゲームズは、2月4日のTwitchでの公式放送で、同社のゲームエンジンがVR内で使えるようになる機能VRエディターを明らかにしました。

https://www.youtube.com/watch?v=JKO9fEjNiio

この放送には、ティム・スウィーニーCEO以下が登場し、冒頭「Unreal Engine 4がVRで使えるようになります。Oculus TouchやSteam VR Controlerを使って直感的な操作が可能になります」という発表がありました。

放送では、HTC ViveとSteam VRコントローラーを使い、物体を掴んで前に移動する方法やデモ『Bullet Train』のように移動先を決めてテレポートする方法。また両手で画面を掴んで開いてスケールを拡大する様子などが披露されました。

20160205041836

コントローラーから様々なメニューやパネルを呼び出し、まるでVR内でiPadを片手に作業をしているような感覚で画面を表示し、実際にVRの中にオブジェクトを配置していきます。

20160205041918

オブジェクトのスケールはリアルスケールで表示されきわめて自然にVR内でステージを作っていく様子が分かります。

20160205042130

放送では、ロボットをつくり上げていました。

20160205042222

マウスやキーボードを使っての開発から、手を動かしてVR内でVRコンテンツを作ることになるとティムCEOは明らかにしました。
Unreal Engine 4はゲームのみならず360度の様々なコンテンツ制作に広く使用されています。

このVRエディターに関してはGDC会期中の3月16日に詳細が発表されます。

Twitchでの放送はこちら(全て英語)
Watch live video from UnrealEngine on www.twitch.tv


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

FOVEとテクノブラッド、視線追跡VRHMDを日韓のネットカフェへ無償提供。コンテンツ開発促進も

2016/02/05 04:37 ビジネス活用事例

側面タッチで操作できる日本発のスマホVRヘッドセット「Milbox Touch」がSXSWでファイナリストに

2016/02/05 04:37 スマホVR