デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

熱、冷気、感電を再現するグローブ「PowerClaw」

熱や電気といった触覚へのフィードバックを実現するVRグローブ「PowerClaw」の開発版が、ドイツで開催されたゲームイベントGamescom2016で公開されました。

image01 copy

熱や電気を再現するVRグローブ

グローブ型の触覚再現デバイスは今までも見られましたが、本デバイスでは「熱さ」「冷気」「電気ショック」といった様々な感覚を再現しているのが特長。

デモ動画では、画面内で手に電流が触れると体験者も反応し、太陽に手を近づけると熱さを感じている様子が見られます。また、動物の毛並みを撫でているシーンもあり、様々なものに触れる感覚も再現しているのがわかります。

本デバイスだけでは手の位置のトラッキングは出来ませんが、「Leap Motion」と組み合わせることで位置のトラッキングも可能になります。

image00 copy

IndieGogoで資金募集中

「PowerClaw」は現在クラウドファンディングサービス「IndieGogo」での資金調達を行っています。

本デバイスは今年9月までIndieGogoでの資金募集を行い、2017年2月に製品版をリリース予定。

https://www.youtube.com/watch?v=bzLAyCcRP0Q

似たようなデバイスでは「Glove One」が2015年7月にKickstarterで15万ドル(約1,500万円)を調達し、今年のE3でも展示されていました。

触覚の再現もまた、没入できるVR体験には必須となる技術の一つです。
「PowerClaw」を始めとする様々なグローブ型/非グローブ型デバイスで、より直感的にバーチャル世界と触れ合える日が楽しみです。

IndieGogo「PowerClaw」資金調達サイト
https://www.indiegogo.com/projects/powerclaw-the-most-advanced-haptic-device-videogames-technology#/

(参考)
Road to VR / PowerClaw is a Haptic Glove Ready To Freeze, Burn, and Shock You (Virtually)(英語)
http://www.roadtovr.com/powerclaw-haptic-glove-ready-freeze-burn-shock-virtually/



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


ブラウザ上でVRアプリを簡単に作成できる「InstaVR」2億円の資金調達

2016/08/24 11:00 活用事例

PSVR『Star Warsバトルフロント Rogue One』でスターウォーズ新作の世界へ!

2016/08/24 11:00 ゲーム・アプリ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集