デイリーランキング

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

ビジネス活用事例

2019/02/15 19:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

NVIDIAの新世代グラボ「GeForce RTX」とは? 情報まとめ

テック

2018/08/23 20:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

8KのVRヘッドセットPimax 8K、一般販売開始 出荷待ち約3ヶ月

中国のスタートアップPimaxは、PC向けハイエンドVRヘッドセットPimax 8K、Pimax 5K Plus、Pimax 5K Business Edition (BE)の一般販売を開始しました。Pimax 8K、Pimax 5K、Pimax 5K BEは、2018年10月から予約受付が開始されていました。

一般販売の待ち時間は約80日

Pimax 8K、Pimax 5K Plus、Pimax 5K BEは、最大200度の視野角(FOV)に対応しSteamVRで動作するVRヘッドセットです。価格はPimax 8Kが900ドル(約10万円)、Pimax 5Kが700ドル(約8万円)、Pimax 5K BEが1000ドル(約11万円)です。

Pimax 8Kは、Kickstarterでの成功したクラウドファンディング(420万ドル(約4.6億円)を調達)で話題になりました。

各ヘッドセットの発送は、Kickstarter出資者、予約者、一般注文者の優先順位で行われます。Kickstarter出資者分の出荷は2018年9月からスタートしており、2019年1月中旬から2月中旬にかけての発送完了が予定されています。予約注文分の発送開始時期は確定していませんが、公開されたグラフの記述より、1月半ばから下旬にかけてスタートすると推測されます。

Pimaxによると、今(2018年12月4日現在)Pimax 8K、Pimax 5K Plus、Pimax 5K BEの注文をした場合、出荷までの待ち時間は約90日になるとのことです。なお、注文は日本からも可能。代金はクレジットカードかPaypalにて前払いが必要です。

Pimaxが公開したグラフによると、現在PimaxはVRヘッドセットを生産するため、2つの生産ラインを稼働しています。加えて12月下旬よりもう1つ、生産ラインが稼働する予定です。

Pimax 8K、Pimax 5K Plus、Pimax 5K BEには、オプションとしてハンドトラッキングモジュールやNVIDIAのGPUを付属させることも可能です。Pimaxのサイトでは、ハンドトラッキングモジュールと、SteamVR 2.0ベースステーションの同梱版も販売されています。同梱版の発送時期は判明していません。

スペック概要

スペック概要は公式サイトによると下記のとおりです。

Pimax 8K

ディスプレイ

CLPL(カスタム液晶ディスプレイ)

解像度

片眼当たり3,840 × 2,160
(両眼7,680 × 2,160)

コンテンツ入力

2,560 × 1,440以上

Motion to Photon Latency
(動作から表示までにかかる時間)

15ミリ秒未満

リフレッシュレート

80Hz、ブレインワープ対応

視野角

~200度(対角方向)

オーディオ

3.5mmオーディオジャック、内蔵マイクロフォン

出力

USB 2.0/3.0, DP 1.4

トラッキング

SteamVR 1.0/2.0

コンテンツ

SteamVR/Oculus Home(※)

装着

調節可能ヘッドセットストラップ、IPD(瞳孔間距離)調整、VRフレーム

GPU要求スペック

NVIDIA GeForce GTX 1080Ti 、AMDの同等以上製品

Pimax 5K Plus

ディスプレイ

CLPL(カスタム液晶ディスプレイ)

解像度

片眼当たり2,560 × 1,440
(両眼5,120 × 1,440)

コンテンツ入力

2,560 × 1,440

Motion to Photon Latency
(動作から表示までにかかる時間)

15ミリ秒未満

リフレッシュレート

90Hz、ブレインワープ対応

視野角

~200度(対角方向)

オーディオ

3.5mmオーディオジャック、内蔵マイクロフォン

出力

USB 2.0/3.0, DP 1.4

トラッキング

SteamVR 1.0/2.0

コンテンツ

SteamVR/Oculus Home(※)

装着

調節可能ヘッドセットストラップ、IPD(瞳孔間距離)調整、VRフレーム

GPU要求スペック

NVIDIA GeForce GTX 1070、AMDの同等以上製品

toomasu1

(※編集部注:Oculus HomeはこれまでOculus社製のヘッドセットのみの利用可能となっており、Pimax社製のデバイスでどのように利用するのかは不明)

Pimax 5K BEのスペックは、有機ELディスプレイ使用、リフレッシュレート85Hzという点以外は5K Plusと同内容です。5K BEは期間限定の発売とされています。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ホロライブの「アキ・ローゼンタール」2ヶ月の活動休止 一時的な療養のため

2018/12/04 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

VRライブパフォーマンスイベント「Virtual Collection」が12月16日に開催、会場はVRChat

2018/12/04 19:30 イベント情報