デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

全てがオープンソースなVRヘッドマウントディスプレイ「OSVR」開発者版、出荷開始

PC機器メーカーのRazer社が中心となって開発中のVRデバイス「OSVR」が出荷を開始しました。

osvr-gallery-v3-01

OSVRは、ハードウェアもソフトウェアもオープンソースであることを謳っているVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)です。Razer社を始め、周辺機器やゲームの開発チームなどが参加し、進めているプロジェクトです。
性能的には1920×1080の振るHD解像度、視野角100度とOculusr Riftの開発者版DK2と同程度ですが、オープンソースであるため、デバイス自体もそして開発用のSDKすらも自由に改造することが可能です。

今回発売されたのは、開発者向けの「Hacker Dev Kit」3種類です。基本構成となる「Hacker Development Kit 1.0」は199.99ドル(約2万4000円)、ディスプレイが液晶からOLED(有機EL)に代わり、顔へのフィット感が向上した「Hacker Development Kit 1.1」も同額の199.99ドル、プレイヤーの位置をトラッキングするカメラと専用のパネルが含まれた「Hacker Development Kit 1.2」は299.99ドル(約3万6000円)となっています。

イメージ666

セットだと安くなりますが、画面の変更や顔へ当たる材質の変更などはオプションでも行うことができ、今後150度の高視野角のレンズへの変更などもできるようになる予定です。

Oculus Riftや他のVRHMDとは異なり、オープンソースという道でVRHMDに取り組んでいるOSVR。拡張性の高さが最大の特徴です。

今回の出荷を受けて、今後どのような拡張性を備えたデバイスが登場するのか楽しみです。

(参考)
OSVR公式(英語)
http://www.osvr.com/

AR×VRでナルトの世界を体験できる謎解きイベント「BORUTOと謎隠れの里-解術編-」が全国イオンシネマにて開催

2015/07/07 11:30 イベント情報

VRアミューズメントパーク「The VOID」は、5年以内に全世界230箇所を目標。ナショナルジオグラフィックとも連携

2015/07/07 11:30 テック