デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

ナイアンティックが3億ドル調達、ハンドトラッキングのUltraleapにテンセントら出資 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/11/29 08:00

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

Robloxが自社プラットフォームのゲームクリエイター向けファンド設立、プロジェクトごとに最小5,500万円から支援

開発

2021/11/29 12:01

VRゲームスタジオResolution Games、別のゲームスタジオを買収

業界動向

2021/11/29 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

3Dスキャンをより簡単に アップルがフォトグラメトリAPI「Object Capture」を発表

アップルは、2021年6月8日に開催された開発者会議WWDCにおいて、開発者向けに新たな発表を行いました。基調講演の後半では、Mac向けのフォトグラメトリAPI「Object Capture」が新たに発表されました。

「Object Capture」では、iPhoneやiPadで撮影した写真をベースに現実の物体の3Dモデルを作成することができます。アップルによれば3Dモデルの作成にかかるのは、“わずか数分”とのこと。

3Dオブジェクトは、2021年秋に更新されるMacOSの最新版「Monterey」にアップデートされたMacで、各種対応ツールで作成できるようになるとのこと。基調講演では、3Dモデリングツール「Cinema 4D」で3Dモデルの作成と編集を行なっている様子が映し出されていました。

また、3Dモデリングツールでの利用例だけでなく、小売業で製品をユーザーの手元で表示させる「ARプレビュー」への活用にも言及。3Dスキャンされた3Dオブジェクトを、ユーザーがARプレビューできるようになる、としています。

これまでもiPhoneを使った3Dスキャンアプリや写真をベースにしたフォトグラメトリツールは多く登場しています。アップルが撮影(iPhone)と3Dオブジェクト作成(Mac)を繋いだことで、高品質な3Dスキャンがより簡単にできるようになるのではないかと期待したいところです。

(参考)Apple WWDC 基調講演


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【ホロライブ・オルタナティブ】世界観を紹介するアーカイブサイトを公開

2021/06/08 04:17 ホロライブ

けものフレンズからVTuber第2弾デビュー、星街すいせい・癒月ちょこ「ひぐらしのなく頃に業」同時視聴番組実施【VTuberデイリーニュース 6/7号】

2021/06/08 04:17 VTuber 最新ニュース一覧