デイリーランキング

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

マイクロソフト「HoloLens 2」、産業・軍事向けカスタマイズ版を発表

活用事例

2020/01/24 18:30

KDDI、渋谷駅ハチ公前に5G×XR体験ブース設置

業界動向

2020/01/24 19:30

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

国内のARトレンド最前線、Docomo Open Houseが一大展示会になっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

人の“注目度”でVRをコントロール、仏スタートアップがデバイス発表

フランス・パリのスタートアップNextMindは、CES 2020にて自社の最新デバイスを発表しました。このデバイスは、ユーザーの脳の視覚野からシグナルを読み取り、何に注目しているかを判断。“見ること”だけで、コンピューターやVR/ARのコントロールを可能にします。

ユーザーの注目を用いて操作

重さ60グラムのこのデバイスは、後頭部に装着して用います。人が何かに注目しているとき、その情報は視覚野に伝達されます。このシグナルをデコードして、PC等の操作につなげるのがデバイスの働きです。単純に目の動きでコントロールを行う、アイトラッキングとは別物となります。

NextMindによれば、将来的にはユーザーが注目するものだけでなく、頭に思い描いたり、記憶を呼び起こしたりした内容に沿って、コントロールを実現したいということです。

https://www.youtube.com/watch?v=1V-BiqFze20

TVの操作やゲームプレイなど

メディアVenture Beatの記者は、実際にデバイスを装着し複数のデモを体験。テレビのチャンネルや音量を変えたり、シューティングゲームをプレイしたり、ランプの色を変えたり、といった操作を行いました。これらはすべて、手やコントローラーを動かす必要なく、視点を集中させる動作だけで可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=uZguEtQojro

https://www.youtube.com/watch?v=S4iSe9Fie18

https://www.youtube.com/watch?v=fKsxUIv83AU

ハンズフリーのVRコントロールも可能

さらに注目されるのが、デバイスを用いたVRの操作です。NextMindはこの機能により、CES 2020で“Best of Innovation in VR/AR”と“Honoree in wearable technologies”の2つのアワードを受賞しました。
公開されたデモによると、ユーザーはVRヘッドセットと共にNextMindのデバイスを装着。手を一切動かさず、ゲーム内の敵の狙撃や、テレポートを行えます。

https://www.youtube.com/watch?v=yfzDcfQpdp0

原稿執筆時点、操作には不完全な点もありますが、同社は改良を進めていると言います。さらに将来的なユースケースとして、ARグラスとの併用も検討しているとのこと。よりサイズダウンし、ジェスチャー操作やアイトラッキングと共に用いることが可能だとします。

2020年1月に出荷する開発者向けキットの価格は399ドル。同年第2四半期にも、先行予約者向けの出荷を予定しています。プレオーダーの登録は、公式ウェブサイトから行えます。

(参考)Venture Beat


VRアイドル「えのぐ」が日本一ソフトウェアのゲームに声優として参加

2020/01/09 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

【ポケモンGO】1月コミュニティ・デイは「ポッチャマ」大量発生

2020/01/09 12:00 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集