デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

あるアーティストがVRの中で”造った”心温まるアートたち

最近、Oculusのクリエイティングツール『Medium』を用いたアートがSNS上で公開され、海外で注目を集めています。この作品群はGoro Fujitaというアーティストによるものです。

Medium

彼のアートにより、VRを用いた彫刻作成への一歩が踏み出されました。

直感的な造形を可能にするMedium

『Medium』は、2015年秋にOculusから発表されたVR造形ツールで、手を直感的に動かせるコントローラーOculus Touchを使ってVR空間内で粘土をこねて想いのままに造形ができるツールです。

https://www.youtube.com/watch?v=IreEK-abHio&feature=youtu.be

手と指を動かすだけでで思いついたものをなんでもカタチにできるこのツールは、VRがどこまで人間の直感にアプローチできるのか、またVR空間内でどこまで自然な造形が可能となるのかを私たちに教えてくれます。

Goro Fujitaさん(@goro.fujita)が投稿した写真

VRでの造形の可能性を追求

Goro Fujita氏は、アメリカを拠点に活動するアーティスト。アニメ映像やCM、児童向け書籍、そして携帯ゲーム製作のプロフェッショナルとして10年以上活動中。現在はOculus社内のOculus Story Studioアートディレクターとして所属。「プロフェッショナル向けの作品制作ツールとしてVRが使われたら、どのような芸術ができあがるのか」をテーマに、『Medium』を使った作品制作を行っています。

Goro氏の公式インスタグラムはこちら

HTC Vive向けの3Dお絵描きツール『Tilt Blush』などに見られるように、VRの中はこれまでにない芸術を生み出せる空間としての可能性を秘めています。今後、VR内で創作された作品が様々登場することに期待したいところです。

(関連記事)
[体験レポ]Oculus Touchを使い、手を動かして作る粘土作品。直感的なVR造形ツール『Medium』
空間に絵を描く新たなクリエイティビティ。Google、VRペインティングソフト『Tilt Brush』の新PVを公開

(参考)
http://vrscout.com/news/mind-blowing-oculus-medium-art-goro-fujita/
The mind blowing Oculus Medium art of Goro Fujita – VR scout



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【VRゴーグルレビュー】視野角がとても広い!『HOMiDO』

2016/07/12 11:30 スマホVR

ダズル、VRプロダクト向け分析サービスのβ版導入企業を募集

2016/07/12 11:30 活用事例
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集