デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

レノボのMRヘッドセット、12月20日発売 コントローラ同梱で約5万円

レノボ・ジャパン株式会社は、マイクロソフトがWindows 10向けに展開する「Windows Mixed Reality(Windows MR)」に対応したヘッドセット「Lenovo Explorer with Motion Controllers(Lenovo Explorer)」を2017年12月20日より国内向けに発売します。価格はコントローラ同梱で49,500円(税別)。

Windows MR対応ヘッドセットは、ハイエンド向けPCで体験するVRヘッドセットと同程度のVR体験が行える没入型MRヘッドセットです。マイクロソフトは、レノボ、Acer、Dell、富士通、HPなど複数メーカーと連携しMRヘッドセットを発売しています。

https://www.youtube.com/watch?v=l7qp_44hnFQ

Lenovo Explorerは、前面に2カ所設置したインサイド・アウトカメラが床などの外部環境をスキャンするルームスケール機能と、頭の動きと体の移動をVRコンテンツに反映する「6DoF」を外部センサー無しで実現しています。操作には、同梱の2つのモーションコントローラーを使用します。本体質量は約380g。

また、レノボは株式会社DMMが運営する動画サービスで販売中の『進撃の巨人VR 360度体感シアター‘哮’』や『空・海・星』などのWindows MR対応コンテンツを今後デモコンテンツとして利用するとのことです。

Lenovo Explorerの体験場を都内に設置

レノボは、Lenovo Explorerが体験できる場所として、株式会社スペイシーが協力を行い、同社の「スペイシーコーヒー」に、2018年1月より都内7カ所にて設置する予定です。

製品の概要

製品名

Lenovo Explorer with Motion Controllers

ディスプレイ

サイズ:2.89インチ×2
解像度:2880 x 1440ドット
視野角(FOV):110°
リフレッシュレート:90 Hz

センサー類

インサイドアウト方式モーション・トラッキング・カメラ x 2、ジャイロセンサー、加速度センサー、電子コンパス、近接センサー

インターフェース

型ケーブル(HDMI + USB 3.0)、ヘッドフォン・ジャック

本体寸法

約185.1×94.8×102.1mm

質量

約380g

価格

49,500円(税別)

発売日

2017年12月20日


歌詞が空間に浮かぶ 『AR Lyrics』iOS向けに登場

2017/12/19 11:54 AR/MR

SnapchatとFacebook、AR機能開発ツールを相次いで一般公開

2017/12/19 11:54 クリエイティブツール
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集