デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

中国でも「VRの一般普及はまだ早い」アリババに次ぐEC大手JD.COMが示した見解

2016年国際VR技術革新アプリケーション賞の授賞式で、中国のEコマース会社JD.COM のAI VR/AR研究所総監・趙剛氏は「今年行われた数多くの資金調達の背景で、人々のVRへの期待が高まる一方だが、VRはまだ一般家庭に入るとは言えない」と話しました。JD.COMは中国において、アリババと並ぶEC大手です。

趙剛氏によると、「VRハードウェアの普及はコンテンツとソフトウェア発展のベースとなります。しかし今のところハードウェアは課題が多くあります。解像度が低い、描画処理性能が低い、視野角が小さく画像の粒感が強い、酔いを感じる。現状のハードウェアではまだまだだと思います」

VRへの投資が相次ぎ、安価なハードウェアやVR体験施設も次々と登場、アメリカに次ぐ市場が形成されているとの声もある中国ですが、一般層への普及はまだ限定的との見方もあるようです。

特に中国で数多く販売されているVRデバイスは、Androidのスマートフォンを装着するタイプのもので、現状登場しているVRデバイスの中でもローエンドに位置するもの、という状況も、この見方の大きな要因になっているのではないかと推測されます。

趙剛氏は加えて「もっとも早くVRコンテンツとして大量生産できるのはゲームかもしれません。そのあとは商業用プログラム、テレビなどの映像系コンテンツが続くと考えています。VRが発展するなか、VRメーカーはまずハードウェアの問題を解決しなければいけないでしょう」と述べました。

JD.COMが自主開発したVR/ARアプリである「JD Dream」は現在βテスト中で、VRショッピングとAR ショッピングを組み合わせたアプリです。2016年の年末から2017年年始にかけて正式に公開する予定です。

(参考)

京东赵刚:VR不热不冷发展平稳 京东将卡位关键技术点

http://news.87870.com/xinwennr-16975.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

Daydreamなどのコンテンツ獲得へ グーグル、中国でGoogle VRを展開

2016/12/11 18:30 テック

【PSVR】VRでの恐怖は通常の数倍『バイオハザード7』体験版VRモードレビュー

2016/12/11 18:30 PlayStation VR(PSVR)最新情報