ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

イマジカグループ企業がAR/VR/MR含む投資ファンド設立

株式会社イマジカ・ロボット ホールディングスのベンチャーキャピタル事業を展開する、株式会社オー・エル・エムベンチャーズは、1号ファンドとなる「OLM1号投資事業有限責任組合」(OLM1号ファンド)の組成を発表しました。

OLM1号ファンドは、VR/AR/MR分野を含む映像制作技術やサービス、新たなメディアや配信技術、スマートトイなどへの投資を進めていくとのこと。また、1次募集として約12億円の出資約束金額(最終出資金総額は15億円の予定)での運用を開始しました。

OLM1号ファンドは、ITを用いたメディア/コンテンツを中心とする、エンターテインメント周辺領域のベンチャー企業を投資対象としています。

同社によれば、コンテンツ業界の環境が大きく変化する中、持続的な成長に向けスピード感を持った新規事業の創造が必要不可欠になっているとのこと。現状を受け、同社グループはVR/AR/MRや、新たな動画関連ビジネスを手がけるベンチャー企業との出資連携を推進。「新しいビジネスの育成、研究開発の強化、また協業による既存事業との相乗効果を可能にしていきたい」としています。

VR/AR/MRを対象とした国内企業の投資ファンドとしては、コロプラが総額100億円規模のVR分野特化型ファンド「Colopl VR Fund」、グリーが北米向けにVR/AR分野へ投資を行う「GFR Fund」、GumiがシードステージのVR/AR/MRスタートアップへのインキュベーションを行う「Tokyo XR Startups」を運営しています。

また、日本政策投資銀行の100%子会社であるDBJキャピタル株式会社は、アメリカでVR/AR分野を専門とするVRファンドに出資を行っており、今後同分野への投資、事業支援を進めていくとしています。

ファンドの概要

名称

OLM1号投資事業有限責任組合

運用期間

10年(但し、最大2年まで延長可)

出資金総額

15億円(予定)

投資対象

ITを用いたメディア/コンテンツ領域での関連事業を行うベンチャー企業

主な出資者

・株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス
・株式会社オー・エル・エム
・株式会社アドウェイズ
・株式会社小学館
・株式会社タカラトミー
・株式会社ミクシィ
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社
など

この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース