デイリーランキング

VR/AR対応 全身体感のスーツ型デバイス「TESLASUIT」国内取り扱い開始

テック

2020/08/04 18:30

NTTドコモ、VR/AR/MRのサービス企画・開発を行う新会社設立

業界動向

2020/08/05 18:46

静岡大学のバーチャルキャンパスが公開 構内を自由に移動

活用事例

2020/08/05 18:52

Oculus Quest後継機の“新情報”、コロナ下でもXR市場予測は上方修正 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/03 08:00

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

HTC Viveの製品版のデザインは開発者版から多くの点が変わることが明らかに

Valve社とHTC社が開発を進めているVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)HTC Viveに関する新情報が明らかになりました。

HTC Viveは、解像度などはOculus Rift製品版と同様とされていますが、4.5m四方を自由に動き回れるシステムが非常に没入感の深い体験を可能にする点が最大の特長です。HTCは製品版を2015年末までには発売するとしていますが、製品版に関する詳細はまだ明らかになっていません。

アメリカのVRメディアRoad to VRは、エグゼクティブ・プロデューサーのBrian Lowe氏への取材で明らかになったデザイン面の変更を報じています。Lowe氏によると、選びぬかれた全世界の開発者に向けて提供されている開発者版と比べ、製品版ではヘッドセットそして専用のSteam VRコントローラーとも大きく外見が変わります。

image201508280647531

主な変更点は以下のとおりです。

・頭に装着する部分は、新たな機構が採用され、開発者版のストラップとベルクロの仕組みから、よりしっかりとしたものに変更される。Lowe氏は、バイクのヘルメットのように一方向に締めていくラチェットを例に挙げていた。
(PS4向けヘッドマウントディスプレイProject Morpheusの固定方法と似ていますね。)

・重量は軽く、そしてずっと小さくなる。

・色は開発者版の濃い灰色から変更される

・ヘッドホンが組み込まれるだけでなく、マイクが付属し、ケーブルはより細くなる。

image201508280701222

・Steam VRコントローラーの外見は開発者版から大幅に変更され、かなりクールな形状へ。円形のトラックパッドとグリップボタンなどの機能はそのままになる可能性が高い

また、Valve社との連携について、Lowe氏は「Valveは技術開発を行い、私たちはそれに改良を加えて商品化します」と語っています。開発者版から姿を大きく変えるHTC Vive、年内の発売が楽しみです。

(参考)
Road to VR / HTC: Consumer Vive Is “Gonna Look a Lot Different” – Modular Headphones, New Mounting System, and More
http://www.roadtovr.com/consumer-htc-vive-headset-modular-headphones-new-mounting-system-and-more/


【全天球写真つきレポ】世界中の絶景を360度で楽しめるKDDI『warp cube』を体験してきた

2015/08/28 11:30 イベント情報

360°パノラマアートのコンテスト「Render the Metaverse」大賞作品

2015/08/28 11:30 イベント情報