デイリーランキング

finalからバイノーラル音源に最適化したイヤホン「E500」発売

テック

2019/08/29 20:00

“PSVR2”はヘッドセットとコントローラーにカメラ搭載? 特許が公開

業界動向

2019/10/10 19:30

ソニーの“実写三次元撮影”がすごい。ハイクオリティなデモ動画が公開

テック

2019/10/09 19:30

ARで学ぶ理科授業 三重県の小学校にて実施

学校教育

2019/10/11 18:30

【独占取材】フェイスブックは「Horizon」で何を目指すのか?

業界動向

2019/10/10 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スマートフォンからVRへ HTCが上海の工場を約100億円で売却

中国のメディアChina Dailyによると、HTCは上海に保有するスマートフォンの工場を売却することを決定しました。売却金額は6.3億元(約100億円)です。

スマートフォンからVRへ

売却されることになった工場は、HTCが中国本土に保有する主要な工場のうちの1つで、約11.4万平米の敷地面積を誇るスマートフォン向けの工場でした。売却先は、同じく上海に拠点を構えるShanghai Xingbao Information Technology(上海星保信息科技)です。

HTCのスマートフォン事業はここ数年苦戦を強いられており、業績不振に伴う従業員の解雇などを行っていました。2017年1月の決算発表では、売上高が前年比で35%以上になることが明らかになっていました。

上海工場の売却後、スマートフォンの製造は、主に本国である台湾にある工場で行うことになります。売却益は同社が注力するVR事業、HTC Viveの展開に充てられると推測されます。

HTC Viveは2016年4月の発売以来、全世界で使用されているPC向けのVRヘッドマウントディスプレイです。3m×4mの範囲を自由に動けるルームスケールシステムが特徴で、日本、中国などでのアーケードでも多く使用されています。

一方、HTCはグーグルのスマートフォンPixelの製造を担当しているスマートフォンメーカーでもあります。Pixelはグーグルの立ち上げたスマホ向けVRプラットフォームDaydreamの対応端末です。

スマートフォン事業の縮小とVR事業へのさらなる注力が、HTCにとって功を奏するのか、注目したいところです。

(参考)
http://www.roadtovr.com/htc-to-sell-shanghai-smartphone-factory-for-91-million-invest-proceeds-in-vr-vive-business/

http://www.chinadaily.com.cn/bizchina/tech/2017-03/18/content_28600227.htm

※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。


【Gear VR】360度の空間をキャンバスに、絵を描けるアプリ『FACEPAINT』

2017/03/18 19:00 ゲーム・アプリ

周囲の現実が徐々に宇宙空間に変化 世界初の“MR(複合現実)コースターが登場 

2017/03/18 19:00 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集