デイリーランキング

Oculus Questのハンドトラッキング、開発者向け活用ガイドが公開

開発

2020/02/27 12:00

クアルコム、5G対応VR/ARヘッドセットの“予想図”公開

テック

2020/02/27 11:30

KDDIが米AR企業と連携、MRグラス「NrealLight」活用の会議システム推進

業界動向

2020/02/27 19:40

フェイスブック、大作VRゲーム「Asgard’s Wrath」のSanzaru Gamesを買収

業界動向

2020/02/27 20:00

MRグラス「GLOW」のMAD Gazeが20億円調達、さらなる研究開発へ

投資

2020/02/26 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR開発のGraffityが約1億円調達、テーマパーク導入も視野に

AR開発を行うGraffity株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。調達した資金は、ARシューティングバトル「HoloBreak」の開発費と、開発チームへの投資へと使用されます。同社は2020年秋に日本・海外での「HoloBreak」正式リリースを目指し、教育機関やテーマパークへの導入も進めます。

本調達は、プレシリーズAラウンドとして、株式会社ディープコアとEast Ventures、2名のエンジェル投資家を引受先とした新株予約権付社債によるもの。Graffityはこれまでに約1億円の資金調達を実施しており、累計調達額は約2.1億円になります。

ARで遊べるシューティングアプリを開発

Graffityは2018年12月にARシューティングバトルアプリ「ペチャバト」をリリースしています。スマートフォンを使って雪合戦やドッジボールのような感覚で遊ぶことができるアプリです。現在は、チーム戦に対応した「HoloBreak」の正式リリースに向け、開発を進めています。

(参考)Graffity株式会社 プレスリリース


【注目の記事】
VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記
【注目の記事】
VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記

Oculus QuestにIPD調整用ゲージが追加。細かな数値確認が可能に

2020/01/21 19:30 Oculus Quest

“WebVR”ゲーム「Moon Rider」に密かな人気。毎日数千人がプレイ

2020/01/21 19:30 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集