デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

グーグル、VRの未来「ライトフィールド」を体験できるアプリ公開

グーグルは、肉眼により近い、実写にも関わらず身体を動かして立体的なVR体験ができる「ライトフィールド」を体験できるアプリを公開しました。本アプリでは16台のカメラを使用、1000以上の視点で撮影できる特別な機材を用いています。

肉眼により近い感覚のライトフィールド

「ライトフィールド」とは、複数の視点から同時に写真や映像を撮影する事で、より肉眼で見た時の感覚に近い映像を生成する技術です。2018年現在、VR用の映像を撮影する際には、基本的に1つの視点に設置された360度カメラで撮影しています。しかしこの方式では、VR体験中に顔の位置を動して視点が変更されても、VR体験の視点は切り替わらず、リアルな感覚が失われてしまうという欠点があります。

グーグルはGoProのカメラを、回転する直径70センチほどの半円に16台設置した装置(写真上)と、それを処理するアルゴリズムを開発しました。このカメラは1回転する間に、1000以上の視点から撮影を行う事ができます。

VR体験をするユーザーが顔の位置を変えると、それに伴い映像を投影するカメラを変更する事で、どの視点で見た際にもリアルな感覚を維持し、より肉眼に近づけることに成功しています(写真下)。

この技術を使って撮影された写真は、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality向けのアプリ『Welcome to Light Fields』にて公開されています。スペースシャトルの操縦席やキッチンなどの様子を、VRで見ることが可能です。



課題はデータの処理量

ライトフィールド技術には、広く実用化するまでには大きな課題が残っています。特に1000以上の視点を使用するため、膨大なデータ量を処理する必要があり、現状では動画の閲覧ができず、静止画しか体験することができません。

グーグルはライトフィールドの普及に関する具体的なプランについて言及を行なっておらず、今回のアプリは実験的なものだとしています。

(参考)Google公式Road to VRVR Scout
Mogura VRはRoad to VR、VR Scoutのパートナーメディアです。


199ドルの一体型VRヘッドセットOculus Go、5月頭に発売か

2018/03/20 11:30 Oculus Go

ZARA、リアル店舗でAR導入 店舗でしかできない特別な体験を

2018/03/20 11:30 プロモ・マーケティング
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集