デイリーランキング

8KのVRヘッドセット「XTAL」、米空軍でも採用

活用事例

2020/01/14 19:00

マスターカードのARアプリが登場、カード特典の利用を促進

活用事例

2020/01/15 19:04

VR中の脳波測定モジュール、299ドルで発売 ユーザー体験向上に

テック

2020/01/15 11:30

介護者向けVR訓練のスタートアップが320万ドル調達 出資者に注目

投資

2020/01/16 11:30

パナソニックが眼鏡型VRデバイスのプロトタイプ発表、実機体験レポートも ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/14 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

最新版Chrome、VR対応を大幅拡大 主要PC用ヘッドセットへ

グーグルから最近リリースされたウェブブラウザの最新版Chrome 66。実はひっそりと、WebVRへの対応が行われています。

これまで対応するVRプラットフォームはグーグルの「Daydream」(日本では未展開)のみでしたが、新たにOculus Rift、 HTC Vive、Windows Mixed Realityヘッドセットが追加され、主要なプラットフォームへの対応がなされています。

ChromeのWebVR対応

Chromeが初めてWebVRへの対応を発表したのは2016年の6月でした。当初は専用アプリが必要でしたが、2017年2月「WebVR」をAndroid版Chromeブラウザ向けに正式リリース。ただしこの時の対応VRプラットフォームは「Daydream」のみでした。

今回の対応で、少なくともWindows10のPCを使うVRユーザーは、Chromeブラウザで自由にWebVRを使うことが可能になりました。

使い方はシンプルです。アドレスバーに「chrome://flags」と入力することで設定ができます。

WebVRとは

WebVRはブラウザ上でVR体験を可能にするAPIで、Mozilla社が中心に開発を進めてきました。

VRコンテンツをプレイする際には、ヘッドセットを装着してアプリを立ち上げる必要があります。しかし異なるヘッドセットで同じアプリケーションを動作できなかったり、開発したアプリケーションを配布するためには専用ストアへの登録が必要などの制約があります。

一方WebVRではコンテンツの配布から起動まですべてをブラウザ内で行うため、デバイスごとの互換性やストア登録による制約がありません。これまで、SupermediumSamsung InternetFirefoxといったブラウザがWebVRに対応してきました。

今回のChromeの対応で、より多くのVRユーザーがWebVRを手軽に利用できるようになると期待されます。

WebVRのコンテンツは、こちらのページで紹介しています。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


「スカイリムVR」を42時間連続プレイ、ギネス記録更新か

2018/04/23 20:00 話題

「スカパラ」の演奏をARや360度動画で楽しむ

2018/04/23 20:00 VR動画

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集