デイリーランキング

突如現れたドコモの「軽量ディスプレイグラス」開発担当者に狙いを聞く

テック

2021/02/26 19:00

リコーの360度カメラ「THETA Z1」が完売 部品が入手困難に

テック

2021/02/26 15:15

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ノーコードかつWebブラウザだけでARコンテンツが作れる「WorkLink Create」

開発

2021/02/26 11:30

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

部屋に商品を試し置き アマゾン、AndroidアプリもAR機能追加

アマゾンは「アマゾンショッピング」のAndroid版アプリに、ARを利用して商品を試し置きできる『AR View』を追加しました。同社はこの機能を通じて、サイズの誤りやイメージの食い違いなどを防ぎ、顧客満足度の向上を狙います。

ショッピングの未来に投資

アマゾンは新しいショッピング体験を構築するため、「Amazon Go」といったレジのないスーパーだけでなく、VRやARにも非常に力を入れて取り組んでいます。2017年の11月には、この商品を試し置きできる『AR View』を、iOS版「アマゾンショッピング」のアプリ内で公開しました。そして今回、iOS版に続いてAndroid版のアプリでも、この機能を公開しました。

この『AR View』は、先日グーグルからリリースされた「ARCore 公式版」が採用されており、「ARCore 公式版」の動作条件を満たすスマートフォンでのみ利用ができます。現在、日本国内で利用はできませんが、同社公式YouTube からアプリでの体験を垣間見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=77ZJ3jw6EkA

小売業者がこぞってVR/ARに挑戦

アマゾンはこの他にも、鏡の前に立つと服が変えられるARミラーの特許を取得するなど、AR分野に対する積極的な研究開発を行なっている様子が窺えます。

またアマゾンだけでなく、大手の小売業者やメーカーもVRやARによってもたらされる、新しいショッピング体験の構築に注力してきました。米国においてアマゾン最大のライバルであるウォルマートは、VRスタートアップを買収したり、VRショッピングなどの起業支援を行うなど、急ピッチでVRに対する投資を進めています。また大手家具メーカーのIKEAや、大手アパレルメーカーのGAPなど、数多くのメーカーもVR/ARに積極的な投資を行なっています。

(参考)UPLOAD


VRで世界中のどこでも音楽ライブ 新サービス発表

2018/03/01 11:30 活用事例

“フォトグラメトリー”を駆使して現実を3Dで再現「長崎の教会群」VRコンテンツ公開

2018/03/01 11:30 空間保存・報道