デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

部屋に商品を試し置き アマゾン、AndroidアプリもAR機能追加

アマゾンは「アマゾンショッピング」のAndroid版アプリに、ARを利用して商品を試し置きできる『AR View』を追加しました。同社はこの機能を通じて、サイズの誤りやイメージの食い違いなどを防ぎ、顧客満足度の向上を狙います。

ショッピングの未来に投資

アマゾンは新しいショッピング体験を構築するため、「Amazon Go」といったレジのないスーパーだけでなく、VRやARにも非常に力を入れて取り組んでいます。2017年の11月には、この商品を試し置きできる『AR View』を、iOS版「アマゾンショッピング」のアプリ内で公開しました。そして今回、iOS版に続いてAndroid版のアプリでも、この機能を公開しました。

この『AR View』は、先日グーグルからリリースされた「ARCore 公式版」が採用されており、「ARCore 公式版」の動作条件を満たすスマートフォンでのみ利用ができます。現在、日本国内で利用はできませんが、同社公式YouTube からアプリでの体験を垣間見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=77ZJ3jw6EkA

小売業者がこぞってVR/ARに挑戦

アマゾンはこの他にも、鏡の前に立つと服が変えられるARミラーの特許を取得するなど、AR分野に対する積極的な研究開発を行なっている様子が窺えます。

またアマゾンだけでなく、大手の小売業者やメーカーもVRやARによってもたらされる、新しいショッピング体験の構築に注力してきました。米国においてアマゾン最大のライバルであるウォルマートは、VRスタートアップを買収したり、VRショッピングなどの起業支援を行うなど、急ピッチでVRに対する投資を進めています。また大手家具メーカーのIKEAや、大手アパレルメーカーのGAPなど、数多くのメーカーもVR/ARに積極的な投資を行なっています。

(参考)UPLOAD


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

VRで世界中のどこでも音楽ライブ 新サービス発表

2018/03/01 11:30 活用事例

“フォトグラメトリー”を駆使して現実を3Dで再現「長崎の教会群」VRコンテンツ公開

2018/03/01 11:30 空間保存・報道
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集