デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09 New

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

フェイスブック、ソーシャルVRアプリ『Facebook Spaces』ベータ版配信開始

フェイスブックは、VRで友達とコミュニケーションをとることのできるソーシャルVRアプリ『Facebook Spaces』のベータ版を発表しました。この発表はサンノゼで開催中の開発者会議F8にて行われたものです。

自分の顔からアバターを生成

フェイスブックは、VRでコミュニケーションをとる「ソーシャルVR」に注目をしてきました。特に、PC向けのヘッドマウントディスプレイOculus RiftとハンドコントローラーOculus Touchの組み合わせが「まるでそこに人がいる」ような感覚=ソーシャル・プレゼンスを生み出すとして開発を進め、今回のアプリ公開に至ったとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=dr_04PCSDWE

『Facebook Spaces』はベータ版のサービスとなりますが、Facebookのコミュニケーショをさらに深める存在になります。アバターは、自分のプロフィール写真を取り込んで簡単に作成可能です。

また、空間に絵を書いて動かしたり、ミニゲームをするといったちょっとした遊びも可能です。フェイスブックの360写真や動画を体験することもできます。

メッセンジャーとの連携

また、フェイスブックのチャットアプリである「メッセンジャー」アプリと連動しており、VRの中から、VRヘッドセットを持っていない友達にビデオ通話をかけることができます。

『Fecebook Spaces』はOculus RiftとOculus Touch向けにOculus Storeにて無料で配信中です。

(参考)
Oculus公式
https://www.oculus.com/blog/facebook-doubles-down-on-social-vr-with-spaces-now-in-beta/


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

VR関連の発表に注目 フェイスブックの開発者イベントF8 日本時間19日午前2時から基調講演

2017/04/19 06:22 イベント情報

『エイリアン』、『グラディエーター』のリドリー・スコット、VR部門設立

2017/04/19 06:22 活用事例
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集