デイリーランキング

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

業界動向

2019/07/17 12:30

ビッグデータとVRで“街の欲求”可視化、ヤフー・日建・東急らが取り組み

統計・データ

2019/07/16 19:30

米国防総省がAR/VRトレーニング導入、新VRデバイス「Valve Index」体験レポ ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/07/16 08:00

泳ぎながらタイムが見える AR水泳ゴーグルが登場

AR/MR

2019/07/11 11:30

小学校の体育でARスポーツ、公開授業が開催

学校教育

2019/07/16 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Oculus、今後2,3年はソフトウェアの充実に注力か

GDC2019にて「Oculus Rift S」が発表され、Oculusの次世代VRヘッドセットとしては、「Oculus Quest」と「Oculus Rift S」の2つのタイプが並ぶ形となりました。このようにハードウェアの新製品が相次いだ一方で、これから2,3年、Oculusとしてはソフトウェアに注力していくことが示唆されています。

今回紹介するのは、FacebookのVR/ARコンテンツ部門とパートナーシップ関連の統括をしているジェイソン・ルービン(Jason Rubin)氏が米メディアUploadVRに話した内容です。

現在Oculusが力を注いでいるのは、誰もが期待するようなソフトの開発とのこと。次世代のVRヘッドセットの利用を想定して、大手の開発社らとともにソフトウェアの拡充を目指すとも述べられました。

VRデバイスによる大ヒットゲームの実現も視野に

これまでにも、Oculusは開発社に資金を提供し、協力しながらOculus Rift専用ソフトの開発を推進してきました。たとえば、続編が開発中とされるReady At Dawn社の「Lone Echo」など。また、「タイタンフォール」の開発元で知られるRespawn Entertainment社が新作VRシューティングゲームを開発中という話もあります。

こうした背景がありながらも、さらなる協業の拡大を視野に入れているとルービン氏は語ります。多くの人が知るような大ヒット作品の開発元との協業も、時期がくれば明らかにするともほのめかしています。

(参考)UploadVR


【Mogura主催のイベント情報】
「一体型VRヘッドセット最前線」Quest、Go等への制作を先駆者が語る Tokyo XR Meetup #29(7/18)


MRデバイス「Magic Leap One」米国で店舗販売を開始

2019/04/01 11:50 Magic Leap

「『信たま』中国進出への道」~織田信姫と犬山たまきの物語は、海を越えるか~

2019/04/01 11:50 VTuber 最新ニュース一覧
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集