デイリーランキング

米Mojoの「スマートコンタクトレンズ」に注目、新たな一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/27 08:00

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

KDDIら、5G活用の渋谷プロジェクト始動 東急やパルコら32社が参画

業界動向

2020/01/27 11:30

国内のARトレンド最前線、Docomo Open Houseが一大展示会になっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ドワンゴが10人以上同時キャプチャできるモーキャプスタジオ開設、3DCGアニメスタジオも始動

株式会社ドワンゴは、CG映像制作を行う新事業ブランドTUNEDiD(チューンディッド)の開始および、制作スタジオ「TUNEDiD film」、大型モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を4月22日に開設しました。

同時に10名以上をキャプチャできるスタジオ

ドワンゴは近年のアニメ・ゲーム・ライブといった映像コンテンツ産業において、3DCGの重要度が増していることを見据え、最新の映像制作サービスを提供可能なスタジオを設立。高品質な3DCGアニメーションや、モーションキャプチャーを駆使したキャラクターのバーチャルライブが行えます。

あわせて開設されたモーションキャプチャースタジオは、東京都内で最大規模(12m×8m×6m)の空間に54台のモーションキャプチャーカメラと最新のソフトウェアを設置、撮影空間密度を高めることで、同時に10人以上のリアルタイムCGキャラクター生成が可能に。モーション収録だけでなく、ライブイベントなどでの活用やリアルタイム演出も実現が可能となっています。

ドワンゴはCG制作事例としてVTuber(バーチャルユーチューバー)が出演したアニメ「バーチャルさんはみている」のオープニングを挙げています。

TUNEDiD 概要

■TUNEDiD film

事業内容

モーションキャプチャー技術を積極的に活用した3DCG アニメーション制作

主要メンバー/主な実績

・松野美茂(CGスーパーバイザー)
「ラブライブ! 2期」、「GUNDAM EVOLVE シリーズ」 他

・林成輝(CGスーパーバイザー)
「ゾイドジェネシス」、「バトルスピリッツ 少年突破バシン」 他

・佐藤浩一郎(CG合成編集スーパーバイザー)
「SD ガンダムフォース」、「ポケットモンスターシリーズ」 他

・富永竜二(モーションキャプチャスーパーバイザー)
ライブ施設「ニコファーレ」の立ち上げ、有名ゲームタイトル多数 他

・岡田有章(コンセプト・デザイナー)
「翠星のガルガンティア」、「さよならの朝に約束の花をかざろう」、「クロムクロ」 他

■TUNEDiD studio

スペック

機材:VICON VantageV5 × 54 台
有効スタジオサイズ:12m × 8m × 6m

場所

東京都品川区東品川 2-2-8 天王洲スフィアタワーCW 棟 3F

TUNEDiD 公式サイト

https://tunedid.jp/

©DWANGO Co., Ltd.

(参考)TUNEDiD 公式サイト

※2019/04/23/24:00……タイトル「10人まで」を「10人以上」に訂正


VR触覚デバイス「EXOS」にハンドトラッキングが追加、触覚体験をアップデート

2019/04/23 12:15 テック

VRで震災の記憶を次の世代へ……KDDIと神戸市が共同開発、教育分野へ活かす

2019/04/23 12:15 学校教育
新規CTA