デイリーランキング

iPad Proで測量時間を短縮、建設・土木現場向けアプリが提供開始

活用事例

2020/08/07 19:30

Steamの月例VRデバイス調査が発表、VALVE INDEXの利用率はOculus Rift超えに

統計・データ

2020/08/07 11:30

新製品か? Nrealが意味深な“予告画像”を公開

業界動向

2020/08/06 11:30

誰でも参加・発表可能なVR展示交流会、日本VR学会が9月16日より開催

セミナー・カンファ

2020/08/07 18:40

静岡大学のバーチャルキャンパスが公開 構内を自由に移動

活用事例

2020/08/05 18:52

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

『Dead Space』シリーズで違和感のないUIを開発したデザイナー、Oculus社内のゲーム開発スタジオへ

PS3やXbox 360向けのスペース・サバイバル・ホラー『Dead Space』シリーズは、2008年に第一作が発売されました。画面内に情報を露骨に表示させることなく、世界観に溶けこませて違和感を極力減らした優れたユーザーインターフェースが特徴的です。

DeadSpace_2 (1)

そのUI設計のディレクターを務めていたDino Ignacio氏が、所属していたVisceral Gamesを辞め、Oculus VR社に合流することを自身のツイートで明らかにしています。

Dino Ignacio氏はVisceral Gamesで8年間在籍しましたが、Oculus VRの社内でゲーム開発を行っているスタジオに加わることにも言及しています。Oculus VRはOculus Rift向けのコンテンツ開発にあたって、社外のスタジオだけでなく自社でも開発を進めています。Oculus社には自社コンテンツを開発するスタジオが複数存在しています。Oculus Story Studioはシネマティックな映像体験を制作していますが、ゲームを開発しているスタジオがあることが判明していました。

世界観に溶け込むUIを設計したデザイナーであるDino Ignacio氏は、まさにVRのゲームにおいて違和感のないUI設計を行うに適任であると考えられます。
今後どのようなゲームが発表されるのか、楽しみです。


VRゲームの開発を進めるReload Studios、ゲーム以外へVRを活かすためのチームを立ち上げ

2015/09/08 19:30 活用事例

ソニー・ピクチャーズ、NY高層ビルのワイヤー渡りをProject Morpheusで体験するVRコンテンツを制作

2015/09/08 19:30 VR動画