デイリーランキング

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

消防士の命を救え、アメリカ政府機関がVRトレーニング支持

活用事例

2020/08/03 12:14

Oculus Quest後継機の“新情報”、コロナ下でもXR市場予測は上方修正 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/03 08:00

ソニー、VRや映像クリエイターの発掘プロジェクトを開催

開発

2020/08/03 11:33

VR/AR作品アワード「NEWVIEW AWARDS 2020」開催

業界動向

2020/08/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

『Civilization』のSid Meier氏、VRのキラーコンテンツ待ち VR版は未定の模様

「VRゲーム」と言った時、多くの人は一人称視点のアドベンチャー・シューティングゲームを思い浮かべるでしょう。

しかし、『Civilization』のようなストラテジーゲームもまた、VRの隠された魅力の一つです。同作を手がけるSid Meier氏は、VRのキラーコンテンツの登場まで「あと少し」だと語ります。

見下ろし視点でのVR戦略ゲームも魅力

AirMech Command』のようなVRのストラテジーゲームは、一人称ゲームと違って、戦場を見下ろした巨大な指揮官のような三人称視点で進みます。

三人称視点ではVRの没入感を損なうと思いがちですが、例えばボードゲームのように、平面モニター以上の立体感を持ってストラテジーゲームを遊べることもまた大きな魅力です。

特に『Civilization』シリーズに代表される、4Xストラテジーゲーム(調査、拡張、開発、戦争の要素を持つ)をVRで楽しみたいという人も多いでしょう。しかし、現在見られるVRストラテジーゲームでは、これまで蓄積されてきたゲームデザインはまだ充実していないのが現状です。

「まだその時ではない」とMeier氏

Glixelのインタビューに対し、Meier氏は「メディアとしてのVRに興味はあるが、まだその時ではない」と語ります。

「私はテクノロジー、特に音響技術に興味を持っています。新しいメディアが出たら、まずはそれをよく調べなければなりません。今はVRがより普及し、大衆にその新技術を受け入れさせるキラーコンテンツが登場するのを待つ段階です。私はその登場まであと少しだと考えています」

VRのキラーコンテンツが待たれる中でも、意欲的なストラテジーゲームやその他様々なタイトルが日々作られ続けています。そうした中で、それぞれのジャンルでのVRに適した形が模索されていくことは間違いないでしょう。

そしていつか、VR版『Civilization』の登場も期待できるかもしれません。

(参考)
UploadVR / Civilization Creator Sid Meier: VR’s Killer App Is ‘Around the Corner’(英語)
https://uploadvr.com/civilization-creator-sid-meier-vr-killer-app/


【Mogura主催のイベント】
流行の兆しを見せる「バーチャル・ライブエンタメ」、企画・演出セミナーの動画アーカイブ販売中

【体験レポ】へッドセットを被ると、そこは1905年の日本海 日露戦争を追体験する『VR日本海海戦』

2017/05/10 18:30 イベント情報

【独占インタビュー】「もう一度VRを変える」Oculusを作った男が語る VRとARの進化(後編)

2017/05/10 18:30 業界動向