デイリーランキング

ファーウェイ、6DoF対応の新型VRグラスを発表。発売は2021年予定

業界動向

2020/10/21 19:30

清水建設、VRをインターンシップに導入 参加者の9割が高評価

活用事例

2020/10/20 18:00

超広視野角VRのPimaxが2,000万ドル調達、顧客サポートやロジスティクス改善へ

投資

2020/10/20 12:57

HTCの“正体不明”ヘッドセットが確認される。VIVE Focusの新バージョンか

業界動向

2020/10/22 12:00 New

JDIら、高精細VRデバイスとエアロバイクを組み合わせサイクリング

業界動向

2020/10/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

キヤノンが「どの角度からでも見れる」映像のスタジオ開設、エンタメなどで活用

キヤノン株式会社は、自由視点映像や3Dコンテンツの撮影を行う「ボリュメトリックビデオスタジオ‐川崎」を川崎事業所に開設しました。スタジオでは100台以上の4Kカメラを使用。独自の画像処理技術により、撮影とほぼ同時に映像や3Dデータを生成します。


(スタジオ内部の様子)

キヤノンの大規模スタジオ、撮影から編集まで一気通貫

過去にもキヤノンは2019年、ラグビーワールドカップ2019の自由視点映像を公開。ハイライトシーンを抽出し、実際のカメラ位置にとらわれない映像体験を提供しています(参考:キヤノン)。

これらのスポーツ関連で蓄積された自由視点映像の生成技術を応用し、エンターテインメントを含む幅広い範囲でボリューメトリック映像(※)の制作を行います。

(※ボリューメトリック映像/Volumetric Video……360度あらゆる角度から見れる映像をつくる技術、またはその技術を用いて作られた映像。通常の映像は単一のカメラ視点でしか視聴できないが、ボリューメトリック映像は多数の方向から撮影・補間することで、自由な方向から見られる映像となる)

スタジオ活用の第1弾ライブ配信を実施

https://www.youtube.com/watch?v=dZaaUyNIP3s

本スタジオ活用の第1弾として、女性ラップデュオ「chelmico」のライブ配信が8月26日に実施されています。複数の自由視点映像を同時に生成し、映像を切り替えることで、視点を大きく変えた動きを実現したほか、通常カメラの映像と自由視点映像をスムーズに切り替える「2次元と3次元を行き来する」というバーチャルライブのテーマに沿った演出が行われました。

(参考)キヤノン株式会社 プレスリリース


複雑な工程も簡単に、見ながら作業で効率向上……マイクロソフト「HoloLens」活用

2020/09/02 19:30 活用事例

「バーチャルヒューマン」プロデュースのAwwが1億円調達

2020/09/02 19:30 投資
VR/AR/MR 用語集