デイリーランキング

8KのVRヘッドセット「XTAL」、米空軍でも採用

活用事例

2020/01/14 19:00

VR中の脳波測定モジュール、299ドルで発売 ユーザー体験向上に

テック

2020/01/15 11:30

パナソニックが眼鏡型VRデバイスのプロトタイプ発表、実機体験レポートも ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/14 12:00

薄型・軽量VRデバイスはパナだけじゃない 「Pico VR Glass」登場

その他VRヘッドセット

2020/01/12 19:00

マーク・ザッカーバーグ「2020年代にARグラスのブレークスルーがある」

業界動向

2020/01/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

衝撃のモーションプラットフォーム「CableRobot Simulator」。VRへの完全な没入を実現

現在、VRを取り囲んでいたヘッドトラッキングや高いフレームレートの実現といった問題は解決されました。次のステップとして注目されているのは、プレイヤーの精神と生理機能を同時に感化させる完全な没入体験を目指す事です。

追求をしていくと大掛かりな装置になることもしばしば。
今回紹介するのは、最新鋭のモーションプラットフォーム「Cable Robot Simulator」です。

https://www.youtube.com/watch?v=cJCsomGwdk0

「CableRobot Simulator」は、中央のコックピットをハーネスで固定する仕組みです。椅子のついたコックピットは、複数のウィンチがハーネスを引っ張ったり緩めたりすることで、上昇や下降から回転までのあらゆる動きが可能となっています。人工頭脳学を研究するMax Planck 研究所チームとFraunhofer IPAにてロボット研究をしているチームの共同で制作しています。かなり自由度の高い動きを可能にしていますが、それぞれの部屋の大きさによって制限されてしまうという弱点もあります。ヘッドトラッキングには、独自の光学追跡システムを使用しています。Oculus Rift DK2のトラッキングシステムは「CableRobot Simulator」用に適しないとのこと。

同チームは、Unreal Engine 4で制作した飛行機や自動車のシミュレーターといった専用コンテンツの制作も行っています。テーマパークでこういったアトラクションを体験できるようになるかもしれませんね。

フライトシミュレーション
image01

ドライブシミュレーション
image02

(参考)
・RoadtoVR_CableRobot’:Crazy Motion Platform for Complete VR Immersion,If it Doesn’t Kill You
http://www.roadtovr.com/cablebot-a-crazy-motion-platform-for-complete-vr-immersion-if-it-doesnt-kill-you/

※Road to VRとMoguraVRは、パートナーシップメディアです。


手、人間関係。Oculusは新たな次元のVRへ。Oculus Connect 2で示されたVRの未来への道【中編】

2015/10/04 11:30 イベント情報

各業界からVRのエキスパートが登壇。「VRCカンファレンス2015」が11月7日に開催

2015/10/04 11:30 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集